総量規制対象外 キャッシング

年収の3分の1以上、お金を借りたい場合。

銀行カードローンであれば、年収の1/3以上でも借入可能!
総量規制の対象外だからOKなんです。

 

総量規制とは?

 

貸しすぎ借りすぎを防ぐ貸金業法。これによって、消費者金融カードローンでは年収の1/3以上の借入は出来なくなりました。
*消費者金融…プロミス・アコム・モビット・レイクALSAなど

 

なので、年収の1/3以上を借入希望金額として申込んでも、審査に落ちてしまいます。

 

しかし、金融業である銀行カードローンは、この総量規制の対象外です。

 

年収の3分の1以上の借入も可能です。

 

以下で、おすすめの銀行カードローンを紹介します!

総量規制対象外のおすすめ銀行カードローン

【おすすめする3つの理由】
安心の低金利と、ゆとりの限度額

 

50万円までは収入証明書不要

 

スマホ・PCでWEB完結も可能

みずほ銀行カードローン

おすすめポイント!

 

安心の低金利で選ばれています。口座があればキャッシュカードで利用できるので、もう1枚ローンカードを持つ必要がありません。旅行や引っ越し、生活費など、使用用途は自由です。(事業性資金以外)

 

みずほ銀行カードローンの詳細・お申込へ

 

実質年率 限度額 融資スピード
2.0%〜14.0% 800万円 即日不可
パート・アルバイト 担保・保証人 収入証明書
融資可能 不要 50万円まで不要

総量規制対象外・カードローンという言葉を聞くことがありますが、そのメリットについて理解していないケースもあります。総量規制の基本を理解せずに申し込んでしまうと、あっけなく審査落ちということもありますので、注意が必要です。まず、総量規制というのは、貸金業法にある規制の1つで、過剰貸付を防止することを目的としたものです。具体的には、カードローン利用者の年収の1/3を超える融資を禁止するというものです。たとえば、年収300万円の方の場合なら、総量規制によって「100万円まで」が融資限度額となります。この総量規制あるカードローンに専業主婦などが申し込んでしまうと、間違いなく審査落ちとなりますので、総量規制対象外・カードローンを選ばないといけないことになります。総量規制は、貸金業者、つまり・消費者金融・信販会社・クレジットカード会社を規制する法律ですので、「銀行カードローン」が総量規制対象外ということになります。しかし、銀行カードローンだからといって、すべて専業主婦が利用できるわけではありません。年収に制限を設けているローンもありますので、それぞれ商品説明をよく確認してから申し込むようにしてください。

目的・状況に合わせてチェック!【あなたは?】