水商売の方向けの即日キャッシング

水商売の方向けの即日キャッシング

水商売の方が、キャッシングのサービスに申し込む場合、「自分でも借りられるのか?」という不安を感じているケースが多くなります。
しかし、このような不安を感じている人が多いものの、実際は、職業による扱いの違いなどはありません。

 

ただし、水商売をされている方の場合、自分の収入について正しく申告しているケースと、していないケースがあります。

 

自分の収入について確定申告をきちんとしている人は、収入に応じた利用限度額が設定されます。

 

しかし、自分の収入について申告していない方は、少額のキャッシングしかできない、あるいは、申込み自体が断られてしまうことがあります。

 

<総量規制によりキャッシングできないケース>

 

2010年6月に施行された改正貸金業法では、「個人の年収の3分の1を超える融資をしてはならない」という総量規制が始まりました。

 

これにより、すべての貸金業者は、利用者の年収について確認する義務が生じたとともに、利用限度額も年収の3分の1を超えないようにする必要があります。

 

そのため、自分の収入について申告をしていない水商売の方は、年収が0円、つまり、無職や専業主婦と同じ扱いを受ける可能性があるのです。

 

50万円以下の希望借入額の場合は、収入を証明する書類の提出は必要ないことがほとんどです。
しかし、1社から50万円を超える借り入れを希望したり、他社との借入合計額が100万円を超える場合は、法律上、給与明細書等の提出が義務づけられています。

 

したがって、申告をしていない水商売の方は、三菱東京UFJ銀行・バンクイックや新生銀行カードローン レイクなど、専業主婦の申込みを認めているサービスに申し込むのもいいでしょう。
(バンクイックは、主婦の借入限度額が30万円以内となります)
(レイクは、ご本人か配偶者に安定した収入があれば借入が可能です。)

 

これに対し、しっかりと申告をしている水商売の方は、レイクやバンクイックだけでなく、プロミス・モビット・アコムなど、自分の気に入ったキャッシングに申し込めます。

 

<即日キャッシングで気をつけるべきことは?>

 

もし水商売をされている方が申し込んだその日のうちに融資を受ける、即日キャッシングが必要なら、
 1.申込み手続きを素早く完結させる
 2.カード発行ができる自動契約機の場所を確認する
の2つをできるだけスピーディに終わらせる必要があります。

 

振り込みによるキャッシングは、銀行の営業時間内でないとできません。
ローンカードを利用したキャッシングは、カードがないと融資を受けられません。
カード発行のための自動契約機には、営業時間がありますので、その営業時間内にすべての手続きを完了させる必要があるのです。

 

まずは、申し込もうと思っている業者の公式サイトにアクセスし、申込みに必要な書類などを確認するようにしてください。

目的・状況に合わせてチェック!【あなたは?】