キャッシングとカードローンの違い

キャッシングとカードローンの違い

キャッシングとカードローン、どちらもお金を借りるという意味で使用していますが、厳密には、若干異なる意味になります。

 

ここでは、キャッシングとカードローンの違いについて、説明したいと思います。

 

 

■キャッシングとは?

 

キャッシングとは、本来、「現金に換えること」という意味ですが、消費者向け小口融資に限っていえば、ローン会社の提携ATMから

 

 お金を引き出すこと

 

を言います。

 

カードを使ってお金を引き出すことは、結局は、「お金を借りること」と同じことになりますので、「融資を受けること」という意味でも使われています。

 

 

■カードローンとは?

 

これに対して、カードローンは、「カードを使用したローン」、つまり、ローン会社のカードを使用して

 

 お金を借りること

 

の意味になります。

 

自動車ローンや教育ローン、住宅ローンなど、数多くのローンサービスがありますが、その1つのサービスとして「カードローン」があることになります。

 

 

■銀行カードローンとは?

 

ここで、銀行カードローンという言葉もよく目にすると思いますが、銀行カードローンは、名前のとおり「銀行」によるカードローンのことです。

 

融資をしてくれる機関には、消費者金融、クレジット会社、信販会社などもありますが、銀行に限っては、

 

 銀行カードローン

 

と呼ぶことが多くなります。

 

銀行にだけ「銀行カードローン」という呼び方をするのは、規制を受けている法律の違いなどが原因となります。

 

 

■銀行カードローンと他のカードローンとの違い

 

銀行カードローンと他のローンとの違いは、規制を受けている法律の違いです。

 

銀行は、「銀行法」に基づいて設立し、その制約のもとで、サービスを展開しています。

 

これに対して、消費者金融や信販会社は、「貸金業法」によって設立された金融機関です。

 

貸金業法では、過剰貸付を防止するための仕組みなどが整備されていますので、融資限度額や収入証明書の提出要件などが厳しくなっている点に特徴があります。

目的・状況に合わせてチェック!【あなたは?】