キャッシングの総量規制について

キャッシングの総量規制について

キャッシングの利用が初めての方は、「総量規制」という仕組みが分からないかもしれません。

 

総量規制は、2010年6月18日の改正貸金業法で加えられた規制の1つで、主に過剰貸付を防止するために設けられた制度です。

 

総量規制が始まる以前は、今の2倍近くの高金利で融資されていましたので、多重債務者の問題が大きかったことが背景にあります。

 

 

■総量規制とは?

 

総量規制は、貸金業者に対して「年収の3分の1超の融資をしてはいけない」というものです。

 

たとえば、年収300万円の人なら100万円まで、というように融資限度額が法律によって決められています。

 

年収の3分の1という点が難しいですが、クレジットカードのショッピングや自動車ローンは含みません。

 

消費者金融や信販会社からの現金の融資が規制の対象となります。

 

注意するべき点は、消費者金融1社ごとの計算ではなく、全社合わせた金額が「年収の3分の1」を超えてはいけない、ということです。

 

 

■総量規制による影響とは?

 

総量規制は、主に専業主婦に大きな影響を及ぼします。

 

家事や育児に専念しているにもかかわらず、給与所得がないというだけで、融資が一切認められないからです。

 

専業主婦が消費者金融に申し込んだとしても、審査に通ることはありませんので、間違っても申し込まないようにしましょう。

 

 

■年収の3分の1以上の融資が必要なら?

 

年収の3分の1を超える融資が必要なときは、総量規制の影響のないローンを選ぶことです。

 

つまり、総量規制は、貸金業者に対する規制ですので、「銀行カードローン」から融資可能なサービスを選べばいいのです。

 

みずほ銀行カードローンやバンクイックのように、専業主婦にも融資します、としている銀行もありますので、そのようなサービスを選択することが重要になります。(バンクイックは主婦の利用限度額30万円以内)

 

また、銀行カードローンなら、収入証明書の要件も緩くなりますので、運転免許証1つ用意するだけで申し込めるのがほとんどです。

目的・状況に合わせてチェック!【あなたは?】