複数の借入があってもさらにキャッシングするには?

複数の借入があっても更にキャッシングするには?

2社目以降の申込みは、

《総量規制》に気をつけて!

 

複数の借入に心配があるかもしれませんが…今、利用しているカードローンの増額に申込むよりベストな選択といえます。

 

もし増額の審査に落ちてしまったら!
【限度額の減少・一定期間の利用停止】となるかもしれないリスクがあるからです。

 

今ある借入枠はそのままに!
他のキャッシング会社に申込むのが一般的です。せっかくですので、今より自分にあったカードローンが見つけたいですね!

 

気をつけたいのは、借入合計金額が年収の1/3以上になる場合です。

 

消費者金融カードローンは、総量規制という賃金業法により年収の1/3以上は借入ができません。知らずに申込むと借入に失敗してしまいます。
詳しくはコチラで!総量規制対象外のキャッシング

 

こちらのページもチェックしてみて下さいね!

お急ぎの方は、即日融資キャッシング
すでに複数キャッシングを利用している方は、おまとめローン

キャッシングは、全国で約1200万人の人が利用していますので、生活に欠かすことのできないサービスといえます。 クレジットカードを数枚保有している方もいると思いますが、同様に、複数のキャッシングに申し込んでいる人も多くなります。 しかし、5社以上の"多すぎる申込み"は、管理も大変になりますので、できることなら3社程度に抑えるようにした方が良いでしょう。 ここでは、2社目、あるいは3社目の申込みをする際の注意点についてご紹介します。 ■複数の借り入れは、特別なことではない! まず、複数の借入をすることに「負い目」を感じているかもしれませんが、クレジットカードと同じように、上手に使い分けている人も多くいます。 キャッシングの商品説明や申込条件でも、「他社の借り入れがある方はダメ」というのを見かけないように、制限を受けることはないと考えられます。 ただし、消費者金融のキャッシングを利用する場合は、総量規制の影響などに注意することも大切になります。 ■消費者金融の総量規制とは? 消費者金融の総量規制は、「年収の3分の1を超える融資をしてはならない」という貸金業者に課せられている規制です。 つまり、年収300万円の人への融資では、他社との融資合計額が100万円を超えてはならない、ということになります。 すでに年収の3分の1近くを借りている場合は、消費者金融ではなく、銀行カードローンを選ぶようにしてください。 ■収入証明書が必要になることも! 複数の借入をしている方が消費者金融に申し込む場合、収入証明書を用意する必要がある場合があります。 貸金業法では、消費者金融が融資する際、  ・50万円超の融資をするとき  ・他社との融資合計額が100万円を超えるとき の2つの場合に、収入証明書で返済能力について調査しなければならないとしています。 複数の借入がある方の場合は、他社との融資合計額が100万円を超えるかどうかに注意する必要があります。

目的・状況に合わせてチェック!【あなたは?】