キャッシングは千円単位でも可能?少ない金額でも借入する方法

キャッシングは千円単位でも可能?少ない金額でも借入する方法

キャッシング会社には、消費者金融や信販会社、あるいは、銀行などがありますが、それぞれ独自の基準で融資が行われています。

 

また、融資の単位も千円単位で借入できる場合、1万円となっている場合とあります。

 

ここでは、少ない金額の融資を受けたいときの方法についてご紹介します。

 

 

■千円と1万円の利息の違い

 

本当は1千円だけ必要なのに1万円単位でしか融資が受けられず、やむを得ず、1万円借りてしまった場合の利息の違いについて考えてみます。

 

計算が分かりやすいように、バンクイックの金利、年14.6%で計算すると、1万円を1か月間借りたときの金利は、

 

 1万円×0.146÷365×30=120円

 

となります。

 

これに対して、1千円を1か月間借りたときの利息は、

 

 1千円×0.146÷365×30=12円

 

ですので、「108円」の違いが生じてしまいます。

 

わずか108円と考える人もいるかもしれませんが、少しでもお得に融資を受けたいと考えるのが本音ではないでしょうか。

 

 

■1万円単位なら融資後すぐに返済する!

 

キャッシングをしたら、毎月の返済額が自動的に決まりますが、それを超えて返済することもできます。

 

たとえば、1千円だけお金が必要なときに、1万円単位の融資となっているなら、

 

 1.1万円借入する
 2.9千円返済する
 3.翌月1千円返済する

 

ということも可能です。

 

先ほどの年14.6%の金利で計算すると、

 

 ・1万円の1日分の利息
 ・1千円の29日分の利息

 

の合計額が支払う利息の合計額となります。

 

具体的に計算してみると、

 

 1万円×0.146÷365=4円
 1千円×0.146÷365×29=11.6円

 

となり、15円の利息の支払いで済むことが分かります。

 

1千円単位で借りられる場合の「12円」よりも「3円」高くなってしまいますが、大幅に金利が節約できていることが分かります。

 

このように、支払う利息に敏感になることで、よりお得なキャッシングができるようになります。

目的・状況に合わせてチェック!【あなたは?】