キャッシングの審査に落ちた理由について

キャッシングの審査に落ちた理由について

キャッシングは、日本全体で1200万人〜1300万人が利用するサービスです。

 

国民全体の10人に1人が利用しているサービスですので、比較的審査にとおりやすいと考えられますが、それでも審査に落ちてしまうケースがあります。

 

審査に落ちてしまうと、必要なお金を準備できないばかりか、自分の信用を失ってしまう危険性もあります。

 

ここでは、審査落ちとなった、考えられる理由についてご紹介します。

 

 

■希望額が多すぎる!

 

まず、初めて利用するキャッシング会社に対して、高額な希望額を出してしまうと、審査にマイナスの影響を及ぼすことがあります。

 

誰でも、初めてあった人に「数百万円の融資を希望します!」と言われても、それに応じれないのが事実ではないでしょうか。

 

融資をしているのは、消費者金融や銀行などの金融機関ですが、無制限に融資をしているわけではありません。

 

最初は、希望額を必要最小限にとどめ、次第に信用を積み重ねていく方法で限度額をあげるようにしましょう。

 

 

■審査でのウソがあった!

 

キャッシング審査では、他社の借入額や借入件数など、あまり正直に答えたくない情報についても伝えないといけません。

 

このときに、他社の借入額を少なく申告したり、件数を少なくしてしまうと、ウソが見破られて審査落ちとなることがあります。

 

キャッシング会社は、信用情報機関のデータベースに照会することで、他社の借入状況を把握できる立場にあります。

 

つまらないウソをついて融資に断られるよりも、正直に申告する方が、メリットは大きくなります。

 

 

■短期間に何度も申し込んでいる!

 

短期間に何社もの審査を受けている人がいますが、「いつ、どのキャッシングに申し込んだか?」という点は、確認できます。

 

信用情報機関には、ローンの申込事実について、約半年間、情報を残すとしていますので、このような申し込みは危険です。

 

同時に申し込むにしても、できれば2社までにとどめ、確実に審査にパスするようにすることが大切です。

目的・状況に合わせてチェック!【あなたは?】