賃貸の審査に、キャッシング借入は影響がある?

賃貸の審査に、キャッシング借入は影響がある?

 
キャッシングの借入は、関係ありません!

 

「一人暮らしがしたい!でも貯金はない・・・」

 

 

一人暮らしをしたいと思っても、賃貸契約のほかに引越し代や電化製品・家具など、結構お金がかかるんですよ。

 

敷金など賃貸契約に必要なお金をキャッシングで用意したいけど、賃貸の審査に影響があるかも・・・
と思うと不安ですよね?

 

でも、大丈夫ですよ!
キャッシングをした場合、金融機関からの融資・クレジット等に係わる契約内容や返済状況などが、信用情報機関に登録されます。
しかし、信用情報センターででキャッシング履歴を見ることができるのは、信用情報センターの会員になっている金融機関だけなんです。

 

安心してください。
賃貸を扱っている会社での審査時に、信用情報を照会する様な事はありません。

 

一人暮らしの予定が決まってる方は、今すぐ申し込めるキャッシング会社をオススメします。
今すぐ申し込めるのは、収入証明書不要カードローンです。
収入証明証の準備がないので、便利ですよ!

 

 

収入証明書不要のキャッシングはコチラ!

キャッシングの申込みをしてしまうと、賃貸住宅の入居時の審査に悪い影響を及ぼすと考えることはないでしょうか?入居審査に保証会社の審査を利用しているケースがあったり、家賃の支払いがクレジットカード払いになっていたりするからです。 ここでは、キャッシングによる借入れと賃貸住宅の入居審査との関係について説明しますので、ポイントを抑えてキャッシングの申込みに挑んでください。 <借入れのしすぎは、影響がでる可能性もあり> キャッシングで借入れをした場合、当然のことですが、借りたお金を少しずつ返済することになります。5万円〜10万円程度の借入れなら、月々の返済額も数千円程度で済みますが、毎月の返済額が数万円にもなると影響がでる可能性があります。 まず、月々の手取りの収入額から家賃を差し引き、さらに、キャッシングの返済をした残りのお金が「生活に使えるお金」ということになります。キャッシングの借入額が多すぎてしまい、「生活に使えるお金」だけでは生活できなくなってしまうと、賃貸住宅の審査に落ちてしまう可能性はあります。 しかし、一時的に必要になったお金をキャッシングの借入でまかない、月々の返済を計画的に行っている分には、何も問題になることはありません。計画的にキャッシングを利用し、計画的に返済していれば、何も心配する必要はないということです。 <入居審査が心配なら、保証会社を使わない部屋を借りればよい!> 賃貸住宅の入居審査への不安がある場合、それを一瞬で解決する方法があります。その解決法は、「保証会社を使わない部屋を借りること!」です。 当然のことですが、保証会社を使わない入居審査の場合、信用情報機関に登録されたデータを照会される心配は一切ありません。そのため、あなたが何社から借入れしているか、あるいは、いくら借入れをしているのかといったことは、一切知られずに済むというわけです。 このような入居審査についての不安については、通常、不動産会社に相談することで、適切なアドバイスを受けることができます。キャッシングによる借入れが原因で入居審査に落ちるケースは、通常、起こり得ないことですが、心配であれば不動産会社に相談するのが一番でしょう。 このように、キャッシングを利用したときに入居審査に影響を与えるのは、「極端に借入れしすぎた場合だけ」です。アコムやプロミスなどの公式サイトには、返済をシミュレーションできるツールもありますので、申込み後は、計画的に利用するようにしましょう。

目的・状況に合わせてチェック!【あなたは?】