消費者金融キャッシングの審査は緩い?

消費者金融キャッシングの審査は緩い?

間違ったキャッシング選びでは借入できない。
自分であれこれ考えるより、お試し審査が◎

 

お金のピンチ…「審査に通るかどうか不安」でイライラしちゃいますよね。でも、自分でどれだけ考えたところで、答えは出ません。

 

それだったら、【お試し審査】をしましょう!

3つの項目を入力すれば、たった3秒で借入可能かどうかの見通しを確認できます。
あくまでお試し審査ではありますが、個人信用情報にも残りませんし複数試しても審査に影響もありません!

 

こちらにまとめましたお試し審査カードローン

誤ったキャッシング選びに注意!

そして、誤ったキャッシング選びは何をしても審査には通りません。

 

一定の収入があれば、アルバイト・パートの主婦さんでも基本的にどこでも申込めますが…気をつけるポイントはコレ!

収入のない専業主婦さんなら。

 

そんなあなたは、コチラをチェック!【即日借入可能】専業主婦でも借りれるキャッシング

年収1/3以上の借入を希望している。
消費者金融は総量規制という賃金業法によって、年収の1/3以上は借入できません。

 

そんなあなたは、コチラをチェック!【即日借入可能】総量規制対象外のキャッシング

超お急ぎ!スピーディーな対応で、待ち時間のイライラは避けたい。

 

そんなあなたは、コチラをチェック!【即日借入可能】スピードキャッシング

銀行カードローンの審査より、消費者金融の審査の方が簡単だ、このように考えるかもしれませんが、必ずしもそうでない場合があります。 専業主婦や無職の方は、消費者金融の審査に通ることができないなど、銀行カードローンがおすすめとなる場合もあります。 ここでは銀行カードローンと消費者金融の審査の違いについて説明します。 ■消費者金融の審査は緩い? 消費者金融や銀行カードローンの審査基準は、一般に公開されているものではありません。 そのため、実際に審査を受けた人の話を聞いたり、キャッシングの金利を比較して、推測することができるだけです。 一般に銀行カードローンの金利は、年15%前後であることが多く、消費者金融の金利は17〜18%程度になります。 金利だけを比較すると、金利の高い消費者金融の方が審査に通りやすいと考えられますが、「消費者金融を利用できない人がいる」という点に注意しなければなりません。 ■消費者金融を利用できないのは? 消費者金融を利用できないのは、「本人に安定した収入がない人」です。 消費者金融や信販会社は、貸金業法という法律の規制を受けますが、貸金業法の中に総量規制という仕組みがあります。 総量規制は、「利用者の年収の3分の1を超える貸し付けをしてはいけない」というものですので、法律上消費者金融は、無職や専業主婦に貸し付けができない仕組みとなっているのです。 ■無職や専業主婦でも利用できるキャッシングとは? 無職や専業主婦の方が利用できるキャッシングは、総量規制の影響がない、銀行カードローンだけです。 実際に本人に収入がない方や専業主婦の方(利用限度額30万円以内)の利用が多い、三菱東京UFJ銀行カードローンのバンクイックなどがおすすめです。 バンクイックは、「原則安定した収入があるお客様」を申込み条件としていますが、本人に収入のない専業主婦などの利用も認めています。 審査に不安がある場合は、消費者金融ではプロミス、銀行カードローンならバンクイックに申し込んでみると良いでしょう。

目的・状況に合わせてチェック!【あなたは?】