キャッシング審査の仕組みについて

キャッシング審査の仕組みについて

もし、あなたがキャッシングの審査を受けるのが初めて、というのであれば、「審査」そのものに対して不安や疑問を感じているかもしれません。ローンカードを発行するために、「どのような審査が行われ」「何を基準に評価されるのか」が分からないことが不安や疑問の原因となっています。

 

いち早く申込手続きを完了させ、お金の問題を解決したい、というのであれば、まずは、キャッシング審査の仕組みについて理解するようにしてください。以下に、審査の仕組みについて詳細に説明をしますので、確実に理解し、自信をもって審査にチャレンジするようにしてください。

 

 

キャッシング審査は、機械で行われる!

 

まず、キャッシングの審査が

 

  • 会議室で話し合いで行われている
  • 人間が評価して結果が出される

 

などと考えているとしたら、それは、大きなミスを犯していると言えます。

 

キャッシングの審査は、人が考えて行うものではなく、コンピューターのプログラムによって評価付けが行われているからです。中学や高校で習った、数学の関数のXに数字を入れるとYが求められるのと同じように、必要な項目を入力していくと「利用限度額」がはじき出されるようになっているのです。

 

 

キャッシング審査で評価される項目は?

 

次に、キャッシングの審査で「何の項目が評価されるのか?」を確認します。重要な評価項目としては、

 

  1. 年収
  2. 勤続年数
  3. 個人信用情報

 

などがあります。

 

まず、あなたに「いくらまで融資ができるのか?」を決めないといけませんので、「年収」が評価に大きな影響を与えます。もし、あなたがアルバイトやパートしかしておらず、年収100万円程度であるなら、利用限度額は30万円程度となってしまうかもしれません。逆に高い年収があるなら、100万円を超える利用限度枠を設定してもらえる可能性も高くなります。

 

そして、「現在の年収が将来も続くのか?」という点を確認するため、「勤続年数」や「居住年数」も参考にされます。

 

最後に、「あなたにお金を貸して、本当に返してくれるのか?」が評価されます。あなたの誠実性を確認するために、「個人信用情報」の履歴が確認され、評価に影響を与えます。過去に自己破産をしたことがあり、2〜3年しか経過していなかったり、月々の携帯電話の料金を延滞ばかりしていると、厳しく評価されることもあります。

 

 

キャッシング審査は、どのくらい厳しいの?

 

このように書いてしまうと、「キャッシングの審査って難しそうだ…。」と感じてしまうかもしれません。しかし、利用限度額が設定されない、つまり、キャッシングを利用できないケースというのは、ごく限られたケースで、通常は、カード発行に成功している人がほとんどであると考えられます。申込み前に不安を感じることはあるかもしれませんが、アルバイトやパートであっても、自信をもって審査に挑むようにしましょう。

目的・状況に合わせてチェック!【あなたは?】