キャッシング審査で重要な年収について

キャッシング審査で重要な年収について

年収が少ないとお金を借りることができない、と思われるかもしれませんが、年収が少ない場合、あるいは、専業主婦や無職の方でもキャッシングを利用しているケースがあります。

 

年収が高いと審査で高い評価を受けることができますが、年収が低くても申込みは可能です。

 

ここでは年収とキャッシングの審査の関係について、説明したいと思います。

 

 

年収は高い方が望ましい?

 

年収は高ければ高いほど良い、というのは間違いではありませんが、希望する金額を借りることができればいいだけのことです。

 

たとえば、プロミスやアコムから30万円借りたいなら、総量規制により、

 

最低90万円の年収

 

が必要になります。

 

希望する金額が30万円なら、年収が100万円でも500万円でも大きな違いはありません。

 

総量規制は、消費者金融や信販会社、クレジット会社などを規制する法律で、銀行や信用金庫を規制するものではありません。

 

そのため、自分の年収に自信がない場合は、消費者金融ではなく、銀行のカードローンに申し込むというのも一つの方法になります。

 

 

年収がない場合について

 

年収がない専業主婦や無職の方は、必然的に銀行のカードローンに申し込まなければなりません。

 

銀行カードローンの中には、本人に安定した収入があることを条件にしている場合もありますが、収入がなくても申し込めるケースもあります。

 

バンクイックやイオン銀行カードローンなどは、本人に安定した収入がなくてもカード発行ができるとしていますので、年収がない方は、そのようなサービスを利用するようにしてください。※主婦は30万円以内、学生は10万円以内

 

 

年収を証明する書類について

 

キャッシングの申込みには、給与明細書や源泉徴収票など、収入を証明する書類が必要になると考えるかもしれません。

 

しかし、給与明細書や源泉徴収票などが必要になるのは、一定額以上の高額な借入れを希望するときだけです。

 

50万円以下の少ない希望額でいいなら、収入を証明する書類は必要ありません。

目的・状況に合わせてチェック!【あなたは?】