キャッシング審査では電話がかかってくる?

キャッシング審査では電話がかかってくる?

キャッシングに申し込みをすると、自宅や職場にキャシング会社から電話がかかってくることに不安を感じるかもしれませんが、審査の電話は、意外なほどあっけなく終わるものです。

 

キャッシングの申込みが完了してからは、通常は、業者から電話がかかってくるようなこともありませんので、極端に心配するようなものではありません。

 

ここでは、キャッシングの申込みにおける、電話による在籍確認の問題について説明します。

 

 

キャッシング審査の在籍確認とは?

 

キャッシングの申込みにおける在籍確認は、申込み時に入力した勤務先の情報に誤りがないかどうかを確認するために行われます。

 

本人確認とも呼ばれるもので、申込者が勤務先が存在しているかどうか、そこに本当に在籍しているかを確認します。

 

ここで「勤務先にお金を借りることがばれる?」と不安に感じるかもしれませんが、消費者金融や銀行カードローンなどでは、オペレーターの個人名で電話をかけます。

 

そのため、消費者金融や銀行カードローンでお金を借りることが勤務先に知られてしまうことはありません。

 

 

在籍確認なしのキャッシングとは?

 

できれば在籍確認を受けずにお金を借りたい、と考える人が多いと思います。

 

唯一、電話連絡なしでキャッシングの審査を受けられるのは、モビットの「WEB完結」による申込みです。

 

モビットのWEB完結は、在籍確認の代わりに「健康保険証」を利用して申し込む方法です。

 

つまり、健康保険証に記載されている勤務先の情報が確認できれば、電話連絡はなしです。

 

モビットのWEB完結による申込みができるのは、

 

  1. 三井住友銀行または三菱東京UFJ銀行に普通預金口座があること
  2. 全国健康保険協会発行の保険証(社会保険証)、または、組合保険証があること

 

の2つの条件を満たしている場合になります。

 

 

キャッシングの申込みでは、プロミスやバンクイックなどに人気がありますが、勤務先への電話連絡がどうしても気になる場合は、モビットのWEB完結による申込みをしてみるのもいいと思います。

職場連絡があるからキャッシングの申し込みをしたくてもできない、と思われてる方もいるかもしれませんが、職場連絡でキャッシングの事実が知られてしまうことはありません。

 

また、職場連絡なしでキャッシングに申し込む方法もありますので、それを利用してお金を借りることもできます。

 

ここでは、キャッシングの審査における職場連絡について説明したいと思います。

 

 

キャッシング審査の職場連絡とは?

 

キャッシング審査の職場連絡は、審査の最終段階で行われるものです。

 

キャッシング会社から勤務先に電話をかけ、「登録した職場が存在するか?」「間違いなく在籍しているか?」を確認するためのものです。

 

この職場連絡を不安に感じる人が多く、キャッシングの申込みをためらう理由となるのですが、オペレーター個人名で電話がかかりますし、消費者金融の名前などが出ることはありません。

 

そのため、「誰かから電話がかかってきた」ということはわかりますが、消費者金融であることはもちろん、誰からの電話かは、分からない仕組みになっています。

 

 

職場連絡なしで申し込めるキャッシングとは?

 

職場連絡がどうしても嫌だ、というのであれば、消費者金融モビットの「WEB完結」による申込みがおすすめです。

 

すべての方がWEB完結で申し込めるわけではありませんが、職場連絡なしで申し込める、唯一の方法です。

 

WEB完結を利用できるのは、

 

 ・社会保険証もしくは組合保険証がある方
 ・三井住友銀行または三菱東京UFJ銀行に普通預金口座がある方

 

の2つの条件を満たしている方です。

 

モビットのホームページでWEB完結の申込み方法について確認してみてはいかがでしょうか。

 

 

職場連絡の対策について

 

キャッシングの審査における職場連絡が気になるなら、電話がかかってくる理由について考えておくことをおすすめします。

 

具体的には、

 

 ・クレジットカードの申込みをした
 ・親戚が危篤である

 

などです。

 

親戚が危篤である、という理由で「携帯電話に繋がらなかったから・・・」ということにするケースが多いようです。

目的・状況に合わせてチェック!【あなたは?】