債務整理後でも、キャッシングの審査に通りますか?

債務整理後でも、キャッシングの審査に通りますか?

 

結論から申し上げます!

 

債務整理後でも、遅延なく返済している状況であれば十分にご融資いただける可能性はありますよ。

 

 即日融資が可能な消費者金融はこちら!

 

過去に債務整理をしたことがあり、そのことが理由でキャッシングの審査に不安を感じている人もいるかもしれません。債務整理には、「任意整理」「個人再生」「特定調停」によって、返済できない借金を返済できるようにする手続き、「自己破産」による債務の免責を受ける手続きの2つのタイプがあります。

 

一般的に債務整理をすると、一定期間は、ローンを組んだりクレジットカードを作ることができなくなると言われていますので、申込み前に不安を感じている人も多いのではないでしょうか。しかし、過去に債務整理をしたことがあるからといって、何もしないでいては現状のお金の問題を解決することができません。ここでは、債務整理とキャッシングの審査の関係についてご説明します。

 

債務整理が審査に影響する理由とは?

「債務整理をしたことが、なぜ業者に分かってしまうのか?」と不思議に感じるかもしれません。これは、CICやJICCといった個人信用情報機関に「債務整理をした事実」が記録として残されているのが、審査に通らない理由になります。

 

キャッシングの申込みを受けた業者は、CICやJICCのデータベースを照会し、あなたの過去の履歴について調査をします。そして、過去に債務整理をしたことがある場合は、通常は、ローンカードを作ることができないと評価されてしまうのです。

 

しかし、債務整理をしたことがあるという記録は、通常、5年〜7年程度で消去されます。債務整理をしたのが10年以上も前であるなら、問題なくキャッシングの申込みをしてもいいでしょう。

債務整理した同じ業者に申し込めるか?

ここで、「過去に債務整理をしたときの業者と同じ業者に申し込めるか?」と考える方もいます。たとえば、アコムとプロミスの借金が返せなくなり、債務整理をした人が、「再びアコムやプロミスに申込んでカードを作ることができるのか?」という問題です。

 

業者によっては、過去に債務整理をしたことがあってもカード発行を行う可能性もありますが、通常は、断られる可能性の方が高くなると予想されます。そのため、過去に債務整理をしたときの業者以外の会社を選んで申し込むと良いでしょう。

 

同じ理由により、過去に「過払い金の返還請求」を行ったことがある業者は、通常、キャッシングの審査に通りにくくなっている可能性があります。アコムやプロミス・レイクに過払い金の返還請求をしたのであれば、イオン銀行カードローンや楽天銀行カードローンなど、無関係の業者を選ぶようにしてください。

目的・状況に合わせてチェック!【あなたは?】