住宅ローンの審査対策に、キャッシングの借り換え・おまとめ

住宅ローンの審査対策に、キャッシングの借り換え・おまとめ

住宅ローンの申込みを検討する場合、カードローンのカードやクレジットカードの保有枚数を減らす必要があります。何枚ものカードを保有していると、住宅ローンの審査のときに「限度額いっぱいに借りられたら、住宅ローンの返済ができなくなるな…。」と考えられてしまうからです。

 

今から、念願のマイホームを手にしようとするなら、何社かに分散しているキャッシングをおまとめ(借り換え)するようにしてください。住宅ローンの審査に落ちて後悔してからでは遅いです。以下に、その理由についてご説明します。

 

利用限度額の多さ=銀行のリスク

まず、50万円しかキャッシングしていないにもかかわらず、その利用限度額の合計が300万円ある場合、住宅ローンの審査では"最悪の事態"を想定して評価されます。

 

最悪の事態というのは、あなたが利用限度額いっぱい借金すること、つまり、300万円キャッシングする場合を考えて融資を決めているのです。そのため、「300万円のキャッシングの返済と住宅ローンを合わせて返済できるのか?」というように、今ある借金以上の借金がある場合を想定して審査されるのです。

 

そのため、おまとめ(借り換え)をするかどうかで、住宅ローンの審査の厳しさが違ってくることになるのです。

 

おまとめすると金利が下がる!

キャッシング会社の公式サイトを見ていただくと分かりますが、おまとめ(借り換え)に関するサービスの金利は、通常のキャッシングよりも低く設定されています。そのため、複数のローンカードを保有しているのであれば、おまとめしてしまうことで、総返済額を少なく抑えることが可能です。

現在、何社もの返済が面倒に感じている方もいると思いますが、
 ・返済の手間が少なくなる
 ・金利が安くなる
 ・住宅ローンの審査に通りやすくなる
など、メリットだけを受けることができます。

おまとめローンの申込みをしたことで、デメリットになるようなことは一切ありません。今すぐにでも、おまとめをして住宅ローンの審査に備えておくべきと言えるでしょう。

 

このように、今から住宅ローンの審査を受ける場合、複数のローンカードの保有はマイナスとなります。逆に、複数の業者からの融資を一本化すると、さまざまな恩恵を受けることができます。

 

おまとめローンの手続が面倒であると考えるかもしれませんが、念願のマイホームを実現させるためにも、ぜひ、おまとめ(借り換え)しておくことをおすすめします。

実際にカードローンをチェックしてみるなら、オススメはこちらです。

 

低金利カードローン
総量規制対象外のキャッシング

目的・状況に合わせてチェック!【あなたは?】