キャッシング審査で訊かれる利用目的

キャッシング審査で聞かれる利用目的

利用目的は審査に関係ありません!

「キャッシングに申し込みたいけど、審査に通るかな?」
初めてキャッシングをする時は不安ですよね?
でも、大丈夫です!
カードローンのキャッシングなら、申込時の書類には利用目的を記入しません。個人情報や勤務情報・他社での借入の有無を申請し審査されます。
「事業目的以外」の利用という条件の会社はありますが、
事業以外の利用目的の場合は、自由です。
初めてカードローンを利用する時は、安心して利用できるカードローン会社を選びましょう!

【安心カードローン】はコチラ!

 

一般的には知られていないことですが、キャッシングの審査結果に大きな影響を及ぼすものに「利用目的」があります。「お金を何に使おうが勝手ではないか!」と思われるかもしれませんが、銀行系のローン会社ほど、利用目的をしっかり聞いてくる傾向にあります。 何も考えずに「他社の借金返済のため」「自動車を改造するため」などと回答してしまうと、審査に通るものも通らなくなってしまう可能性があります。ここでは、審査でなぜ利用目的が聞かれるのかについてご説明します。 <利用目的を聞くことで分かることとは?> まず、ローン会社がなぜお金の使い道を聞いてくるのかを説明します。ローン会社は、あなたに利用目的を訊ねることで、  ・あなたが正直に答えているか?  ・正しいお金の使い方(借金の仕方)をしているか?  ・あなたがどんな人なのか? を確認しているのです。 まず、利用目的に不自然な理由を上げてしまうと、「この人はウソをついているな…。」「何に使うのか分からないな…。」と感じます。つまり、不自然なお金の使い道を答えてしまうとウソつきであると思われたり、ギャンブルに使うのだろうと悪く評価されることがあります。そのため、"やむを得ない"、"借りざるを得ない"本当の理由を答える必要があるのです。 <どのような利用目的なら評価が良いのか?> では、逆にどのような利用目的であれば、審査に悪影響を及ぼさないのかについて説明します。まず、キャッシングのCMを見ても分かるように、「少額のつなぎ融資のため」というのが正しい利用方法の1つになります。 給料日前なのに結婚式・葬式などが重なってしまった、愛犬が病気になったけど、ボーナスが支給されるまで待つことができない、という理由です。 また、ある程度まとまった金額を希望するのであれば、車検費用を分割で支払いたい、あるいは、通勤に必要な自動車の修理費に充てたい、という理由も考えられます。 あなたがどのような目的でお金を必要としているかは、あなた本人しか分からないことです。お金を貸す業者の立場を考えると、「何に使うの?」と当然、利用目的を聞いてきます。あなたが正しい目的でキャッシングを利用し、きちんと約束どおり返済してくれるのか不安に感じているからです。 もし、利用目的で「何と回答したら良いか分からない」というのであれば、正直に本当の理由を入力するべきです。本当にお金が必要な理由をきちんと説明することが、信用してもらうための一番の近道になります。

目的・状況に合わせてチェック!【あなたは?】