キャッシングの審査基準とは?

キャッシングの審査基準とは?

キャッシングの申込みが初めての場合、どうしても審査に不安を感じてしまうものです。「審査に不安はあるけどお金は必要…。」という悩みで申し込めずにいる、ということはないでしょうか?

 

お金の問題を解決するには、「早い決断」「早い行動」が必要です。ここではキャッシングの3つの審査基準について説明しますので、手遅れになる前にキャッシングが利用できる環境を整えておきましょう。

 

 

<キャッシングの審査基準:申込み基準>

 

キャッシングの審査では、ローン会社ごとに決められている「申込み基準」を満たしていない場合は、絶対に審査を通過することができません。年齢や収入に関する条件をだしている場合がありますので、「自分は申込みができるのか?」をまずは確認してください。

 

たとえば、アコムの申込み基準は、次のように決められています。

 

「20歳〜69歳までの安定した収入と返済能力を有し、当社基準を満たすお客さま。」

 

そのため、未成年者や無職・専業主婦の方がアコムに申込もうとしても、申込み画面で拒否される、あるいは、申込みが完了しても審査に落ちてしまうことが確実です。未成年者がキャッシングを利用することは難しいですが、専業主婦の方はバンクイック(主婦は30万円以内)など、収入に制限のない業者を利用しなくてはなりません。

 

申込み基準を満たしていない、という理由で審査に落ちてしまうのはバカバカしいことですので、十分注意してください。

 

 

<キャッシングの審査基準:返済能力>

 

キャッシングの審査基準の1つに「返済能力」があります。返済能力は、現在の年収や他社からの借り入れなど、総合的に評価されるものです。しかし、キャッシングサービスを利用している人の大半が、アルバイトやパート勤務であることからも分かるように、高い水準の収入が求められているわけではありません。

 

基本的には、希望する借入額と収入のバランスがとれているかどうかを確認されるものです。

 

 

<キャッシングの審査基準:信用>

 

キャッシングの審査基準で非常に重要な要素となるのは「信用」です。他社への返済が頻繁に遅れていたり、近い過去に債務整理をした事実があると、厳しく評価されることもあります。

 

収入の多い少ないは、仕方のないことですが、信用については本人の問題です。キャッシングを利用し始めてからは、自分の信用を大切にして、決められた通りの返済をしていくことが重要です。

 

 

このように、キャッシングの審査基準で重要な意味をもつものに、「申込み基準」「返済能力」「信用」の3つがあります。詳細な審査基準は公表されていませんが、「信用」に問題がなければ、自信をもって審査を受けることができるものと考えます。

キャッシングの審査基準は、消費者金融、銀行のいずれも公表していませんので、あくまでも推測できるだけのものです。

 

しかし、申込画面で何の項目について訊かれるのかを知れば、なにが基準となっているかは分かるものです。

 

ここでは、キャッシングの審査基準となる、

 

 ・年収
 ・他社借入額(借入件数)

 

などについて説明したいと思います。

 

 

■年収は多いほど有利!

 

キャッシングの審査を受けるにあたり、年収は多いにこしたことはありません。

 

とくに消費者金融の場合は、「年収の3分の1まで」という総量規制がありますので、多い年収があると有利であることが分かります。

 

しかし、キャッシングを申し込む時点で自分の年収を増やすことはできませんし、必ずしも多ければいいというものではありません。

 

年収は多い方がいいのは事実ですが、キャッシングは、年収のない専業主婦も利用しているものですので、あまり気にしすぎないほうがいいでしょう。

 

 

■他社借入額・借入件数について

 

キャッシング審査では、他社の借入額や借入件数について訊かれますが、少ないほうが良いのは間違いありません。

 

しかし、キャッシング審査で訊かれる理由は、他社の利用状況を調べるためではなく、「人物評価」のために訊いているものと考えられます。

 

キャッシング会社は、「CIC」や「JICC」などの信用情報機関のデータを確認すれば、他社の融資状況について知ることができます。

 

それをあえて審査で訊いているのは、「正直に申告する人」という人物評価が行われているからです。

 

ウソの申告で審査落ちとなるケースがありますが、「信用できない人には、1円も貸さない」という姿勢の表れではないでしょうか。

 

 

このように、キャッシングの審査基準には、いくつかの項目があり、申込時点で年収を上げたりすることはできません。

 

信用を落とさないように心がけることを基本とし、自分の身の丈に合った限度額を設定してもらうようにしてください。

目的・状況に合わせてチェック!【あなたは?】