消費者金融と銀行カードローンの違い(貸付条件、審査など)

消費者金融と銀行カードローンの違い

消費者金融カードローン

 

審査時間などスピーディーな対応をしてくれるところが多い。
無利息期間などサービスが充実している。
初めてのキャッシングという方にも多く選ばれている。

 

銀行カードローンとは違い、総量規制という賃金業法があるため…年収の1/3以上の借入はできない。各社借入合計額は100万円まで。専業主婦は利用できない。

以下のページで詳しくお伝えします!

 

銀行系(消費者金融)カードローン
お試し審査カードローン
即日融資キャッシング
即日借入可能でスピーディーな対応をしてくれる銀行カードローンも含めて紹介しています!

 

銀行カードローン

 

低金利なところが多い。
借入限度額が大きいので、複数社の借入をまとめる人にもオススメ。
総量規制対象外なので、年収1/3以上の借入可能!収入のない専業主婦も借入可能!

 

消費者金融に比べて、審査に時間がかかったり即日借入できないところもある。

以下のページで詳しくお伝えします!

 

専業主婦でも借りれるキャッシング
総量規制対象外のキャッシング
銀行カードローンでありながら、スピーディーで即日借入可能なところも紹介しています!

消費者金融も銀行カードローンも、お金を貸すだけだから一緒、と思われるかもしれませんが、貸付条件などに若干の違いがあります。 ここでは消費者金融と銀行カードローンの違いについて考えてみたいと思います。 ■消費者金融の貸付条件の特徴について 消費者金融の貸付条件には、「本人に安定した収入があること」という一文が必ず含まれています。 消費者金融を規制する法律に貸金業法というものがありますが、貸金業法では、「利用者の年収の3分の1までしか貸付けてはいけない」という、総量規制というものがあります。 たとえば年収が300万円の人の場合、どの消費者金融も100万円までしか貸し付けられません。 注意するべき点は、一社から100万円ずつではなく、各社からの借入れの合計額が100万円まで、という仕組みになっています。 そのため、無職や専業主婦の方は、事実上、消費者金融を利用できないことになります。 ■銀行カードローンの貸付けの特徴について 貸金業法は、銀行を規制するものではありませんので、銀行は、無職や専業主婦にもお金を貸すことができます。 ここで、「銀行カードローンなら無職でも借りられる」と考えてしまいがちですが、無職でも借りられる場合、借りられない場合がありますので注意してください。 ホームページにアクセスし、「貸付条件」「お申込み条件」というものを探し、「本人に安定した収入があること」とある場合は、仕事をしていないと申し込めません。 逆に、「原則、本人に安定した収入があること」とある場合は、例外として、無職や専業主婦が申し込めることになります。 ■おすすめの消費者金融、銀行カードローンについて 安心して申込み・利用することができ、評判の良い消費者金融は、プロミスやアコムです。 プロミスは、本人確認のための運転免許証があれば、すぐにでも申込みが可能です。 また、学生やご本人に収入のない専業主婦の利用も認めている、三菱東京UFJ銀行のバンクイックもおすすめです。(主婦は30万円以内、学生は10万円以内)

目的・状況に合わせてチェック!【あなたは?】