お金を借りることへの債務整理の影響

お金を借りることへの債務整理の影響

債務整理をするとお金が借りられなくなる、という話を聞いたことがあるかもしれません。

 

債務整理は、カードローンなどの返済が困難になった人を救済するための手続きで、任意整理、個人再生、特定調停、自己破産のいずれかの手続きのことをいいます。

 

過去に債務整理をしたことがある方がキャッシングに申し込む場合、お金を借りられるのかどうかに不安を感じます。

 

ここでは、債務整理がお金を借りることに及ぼす影響について説明します。

 

 

■債務整理とは?

 

債務整理は、簡単にいうとお金が返せなくなった人の借金を返せる状態にする手続きです。

 

任意整理という手続きが有名ですが、金利のカットや元本の減額について認めてもらい、減額された借金を原則3年かけて返済する手続きです。

 

この債務整理をすることの問題点は、信用情報機関に事故情報として登録されることです。

 

つまり、過去に借金をした業者だけでなく、これから申し込もうとしているキャッシング会社も事故があったことが分かるのです。

 

 

■信用情報機関に登録されている期間について

 

債務整理があった事実が登録されている期間は、日本信用情報機構、株式会社シー・アイ・シーのいずれも5年間です。

 

債務整理をしてから5年たっていない方は、申込みをした業者が「債務整理があったこと」を知られてしまいます。

 

逆に、5年以上経過していれば、債務整理をしたときに融資を受けていた業者以外なら、債務整理があったことは分かりません。

 

そのため、信用情報機関の登録が気になるなら、債務整理から5年経つのを待ち、今まで利用したことのないカードローンに申し込む必要があります。

 

 

■債務整理は必ずしも不利益ではない

 

キャッシングの申込み審査においては、年収や年齢といった申込み条件があります。

 

過去に債務整理をしたことがある人にお金を貸さないなら、収入の要件や年齢制限と同じように、申込み条件に記載されているはずです。

 

しかし、債務整理をしたことがある方の申込みを制限している業者はありませんので、まずは審査を受けてみないことには分かりません。

目的・状況に合わせてチェック!【あなたは?】