お金を借りることと任意整理の関係

お金を借りることと任意整理の関係

「任意整理をするとお金を借りられなくなる」という話を聞いたことがあるかもしれませんが、これは一概に言えることではありません。

 

必ず審査に落ちてしまう業者、審査に通る可能性がある業者がありますので、よく確認した上で申し込む必要があります。

 

ここでは、任意整理の手続きと融資の関係について説明します。

 

 

■任意整理とは?

 

任意整理とは、借金の返済ができなくなる恐れがある人を救済するための手続きのことです。

 

具体的には、銀行や貸金業者などの債権者と個別に話し合いをし、金利のカットや元本の減額について認めてもらうものです。

 

そして、話し合いがまとまってからは、減額された借金を約束通り返済し、完済した時点で借金がなくなる、という手続きです。

 

つまり、過去のキャッシングで約束どおりの返済ができず、金利や元本について譲歩してもらった方の問題、と考えることができます。

 

 

■任意整理が終わってからの期間は?

 

任意整理をすると「お金が借りられない」となってしまうのは、申込み審査のときにキャッシング会社が任意整理をしたことを確認できるからです。

 

信用情報機関(日本信用情報機構、シー・アイ・シー)では、任意整理があったことを5年間登録しますので、その期間中は、厳しい評価を受ける可能性があります。

 

しかし、登録が抹消される5年目を超えてからは、キャッシング会社が任意整理の事実を確認することができなくなります。

 

そのため、任意整理をしてから5年を過ぎているかどうかが、1つの問題になります。

 

 

■信用情報機関に個人情報の開示請求

 

信用情報機関に登録されているデータが気になる、という方が多くなりますが、自分について何が登録されているかは、確認することができます。

 

日本信用情報機構や株式会社シー・アイ・シーに対し、自分の個人情報について開示請求する手続きがあります。

 

一定の手数料がかかりますが、自分の情報を確認した上でキャッシングに申し込めるようになります。

目的・状況に合わせてチェック!【あなたは?】