申し込み時に必要な書類

申し込み時に必要な書類

キャシングの申し込みに担保や保証人が必要になると思われるかもしれませんが、プロミスやバンクイックなどでは、印鑑はもちろん、担保や保証人がなくてもお金を借りることができます。

 

通常、申込に必要になるのは、本人確認書類と収入証明書類の2種類です。

 

ここでは、キャッシングの申込みに必要な書類についてまとめてみたいと思います。

 

 

■申し込みに必ず用意する書類とは?

 

キャッシングの申込みに必ず必要になるのは、本人確認書類です。

 

本人確認書類は、基本的には、運転免許証のことです。

 

もし運転免許証の交付を受けていないなら、パスポートや健康保険証などを運転免許証の代わりにすることができます。

 

この本人確認書類は、必ず必要になりますので、最初に準備しておくようにしてください。

 

 

■収入証明書類が必要になる場合

 

収入証明書類を必ず用意しなければならない、と思われるかもしれませんが、必要のない場合の方が多くなります。

 

キャッシング会社により基準が異なりますが、一定額以上の借入れを希望する場合に必要になるものです。

 

たとえば、プロミスなら借入希望額が50万円を超える場合に収入証明書類が必要になります。

 

収入証明書類として利用できるのは、

 

 ・源泉徴収票
 ・確定申告書
 ・給与明細書と賞与明細書

 

などです。

 

即日融資が必要な場合など、収入証明書類の準備が間に合わないときは、100万円までは収入証明書類が必要ない、バンクイックに申し込むといいでしょう。

 

 

■書類の提出方法について

 

本人確認書類や収入証明書類の提出方法は、

 

 1.インターネットで画像をアップロード
 2.自動契約機で画像を転送
 3.郵送

 

などがあります。

 

ほとんどの方は、申込み後に自動契約機でカード発行を受けますので、そのときに書類を提出します。

 

そのため、まずはインターネットで申込みを完了し、審査をしてもらっている間に必要な書類を準備することもできます。

 

まずはプロミスやバンクイックなどのホームページで、必要書類について確認してみてください。

目的・状況に合わせてチェック!【あなたは?】