キャッシングできる年齢とは?

キャッシングできる年齢とは?

キャッシングの申込みにおいて、年齢制限にかかり、審査に通らない場合があります。

 

キャッシングの申込条件は、消費者金融や銀行が独自に決めていますが、年齢が低くすぎても高すぎても利用できないことがあります。

 

ここでは、キャッシング審査を受けるにあたっての「年齢制限」についてご紹介します。

 

 

■年齢が低くてキャッシングできない場合

 

キャッシングの申込条件のほとんどは、年齢の下限に「20歳」と設定しています。

 

大学生や専門学校生でも利用できますが、未成年の方は利用できないケースがほとんどです。

 

未成年者の方はどうしてもキャッシングをしたいなら、保護者の同意が必要になる可能性がありますが、学生向けのローンサービスに申込むようにしてください。

 

学生向けのキャッシングサービスを提供する業者には、未成年者でもサービスの利用を認めているケースがあるからです。

 

 

■年齢が高くてキャッシングできない場合

 

キャッシングの申込時の年齢が高すぎて、審査に落ちてしまう場合もあります。

 

たとえば、プロミスに申込む場合、申込条件に「年齢20歳以上、69歳以下」とありますので、70歳以上の方の利用が制限されていることになります。

 

年齢の上限に制限を設けているのは、あくまでも推測ですが、年金だけを頼りに生活しているものに対して貸付を行うことが、良い印象を与えないからです。

 

ある程度以上の年配の方への融資は、コンプライアンス上の観点から自主的に制限を設けているのでしょう。

 

 

■年齢制限で審査落ちないために

 

キャッシングに申込むときは、業者が定めた「申込条件」に該当している必要があります。

 

申込条件に該当しない場合は、必ず審査に落ちてしまいますので、十分注意するようにしてください。

 

一般には、キャッシングの申込条件では、年齢制限と収入に関する要件が定めてあります。

 

年齢制限と収入に関する要件を満たしているなら、問題なく申込みが可能です。

 

本人確認書類など、申込みに必要な書類を用意して申し込んでみるようにしてください。

目的・状況に合わせてチェック!【あなたは?】