法人でキャッシングできる方法とは?

法人でキャッシングできる方法とは?

金融機関からの融資が必要になるのは、一般消費者だけではなく、法人である場合もあります。

 

通常、法人が融資を受ける場合は、その都度、銀行や信用金庫の審査を受け、融資をしてもらう形になります。

 

しかし、この方法によるキャッシングでは、当日中の融資が困難になる場合がほとんどですので、消費者金融や銀行カードローンを利用したいというケースが出てくるのです。

 

ここでは、法人がスピーディーにキャッシングするためのノウハウについてご紹介します。

 

 

■ビジネスローンでキャッシングする場合

 

法人の場合、消費者金融や銀行カードローンではなく、「ビジネスローン」を活用することができます。

 

ビジネスローンは、個人事業主や法人を対象にしたキャシングサービスですで、消費者金融と同じように利用できるものです。

 

消費者金融や銀行カードローンとの違いは、「保証人や担保を求められる場合がある」点です。

 

当日中の融資が必要なときに申込み、保証人や担保を用意するように求められると、即日融資が実現しなくなります。

 

ビジネスローンは、信販会社や銀行、信用金庫などによって提供されていますので、特徴について理解した上で利用してみてもいいでしょう。

 

 

■消費者金融を利用する場合

 

消費者金融は、個人向けのサービスですので法人で利用することは不可能です。

 

しかし、緊急に融資が必要な場合は、法人の代表者が消費者金融に申込み、融資を受けたお金でやり繰りする、という方法もあります。

 

ただし、消費者金融の場合は、50万円超の融資を受けようとするとき、または、他社との借入残高の合計額が100万円を超えるときに収入証明書類が必要になります。

 

そのため、収入証明書類の準備が間に合わないようなときは、銀行カードローンを選ぶことになります。

 

たとえば、レイクALSAなら、100万円までなら収入証明不要ですし、即日融資も不可能ではありません。
 ※ただし、事業性資金にはご利用いただけません。

 

運転免許証があれば申し込めますので、まずはカード発行を受けておくこともできるでしょう。

目的・状況に合わせてチェック!【あなたは?】