母子家庭でもキャッシングできる方法とは?

母子家庭でもキャッシングできる方法とは?

母子寡婦福祉資金教育貸付があります!

「母子寡婦福祉資金教育貸付」というのは、都道府県を通じて国からの貸付です。無利子もしくは低金利なので魅力的です。
しかし、私が実際に市町村の相談窓口に電話したら
「親には頼めないんですか?審査があるので融資に時間がかかりますよ。」と申請しないよう説得されました。
親に相談できるくらいなら相談してません!
自分で解決しようと思うなら、カードローンも検討してみましょう

あなたは、この条件には該当しますか?

カードローンの申込に必要な条件!

安定した収入がある。
年齢が20歳〜60歳である。
運転免許証や健康保険証など本人確認の書類がある。
これらの条件に該当したら大丈夫です!
では、カードローンを選ぶポイントを紹介します。

カードローンを選ぶポイント!

カードローンを選ぶ時は、このポイントに注意しましょう!

WEB申込OKなら、今すぐ申し込める!
審査回答がスピーディーなら、イライラしない!
即日融資可能なら、今日中に借入れできる!

 

「でも審査に通るのかなぁ・・・」と
不安だったら、お試し診断をしてみましょう。
大丈夫ですよ♪
あなたにピッタリのカードローンが見つかりますよ!

 

お試し診断が出来るカードローンはコチラ!

お金を貸してほしいけど「母子家庭では信用がないかな…」と考えてる方がいるかもしれません。 お子さまの教育に必要なランドセルやカバンの購入、あるいは、修学旅行の積立金など、子育てにはお金が必要になるシーンが多くあります。 そのようなときに便利に活用できるのが、消費者金融や銀行カードローンといったキャッシングです。 ここでは、母子家庭のお母さんでも融資が受けられるためのポイントについてご紹介します。 総量規制の年収について 母子家庭の場合、アルバイトやパート勤務による収入以外にも、公的な扶助による収入があります。 しかし、消費者金融を規制する総量規制の「年収の3分の1」という意味における収入に公的な扶助による収入を含めることはできません。 貸金業法上の「収入」は、給与・年金・恩給・不動産の賃貸収入・事業所得の5つになります。 そのため、キャッシングの申込みのときの希望額を決めるときは、パート勤務による年間収入の3分の1までにするようにしてください。 年収の3分の1超の融資を受けたい場合 母子家庭の場合は、子育てをしながら仕事をしなければならないので、年収の3分の1では、不足してしまうことも考えられます。 たとえば、毎月のパート勤務による収入が5万円の方の場合、消費者金融からキャッシングできるのは、「20万円が上限」となるからです。 自動車の車検や学校の入学金など、年収の3分の1で不足する場合は、銀行カードローンに申込むといいでしょう。 銀行は総量規制の対象外ですので、独自の審査によって年収の3分の1超の融資が認める可能性があります。 キャッシングに必要な書類について 母子家庭の方だからといって、特別に用意しなければならない書類はありません。 基本的には、本人確認のために必要な「運転免許証」もしくは「健康保険証」、「パスポート」などを用意すれば十分です。 インターネットから申し込めば当日中の融資も可能になりますので、早めに申込み手続きを完了させた方がいいでしょう。

目的・状況に合わせてチェック!【あなたは?】