キャッシングするときには総量規制に注意

キャッシングするときには総量規制に注意

誰でも「今すぐお金が必要」というと時がありますが、知人や友人に借金を依頼するのは抵抗があります。

 

そのようなときに活用できるのがキャッシングですが、「いくらまで貸してくれるのか?」が問題となることがあります。

 

金融機関だからといって、無制限に融資をしてくれるわけではありません。

 

ここでは、キャッシングにおける限度額について説明したいと思います。

 

 

■キャッシングの限度額について

 

キャッシングの限度額は、基本的には金融機関の審査によって決められるものです。

 

キャッシングの限度額には、契約上貸付ても良いと認められた「契約極度額」と暫定的な限度額である「利用限度額」があります。

 

利用限度額を上げるには、毎月の返済を確実にこなすなどして、信用を積み重ねなければなりません。

 

 

■総量規制とは?

 

また、法律による融資の限度額というものもあります。

 

貸金業法における総量規制というものがあり、消費者金融や信販会社からの融資は、年収の3分の1までに制限されています。

 

たとえば、年収300万円の人なら、全ての業者からの借入残高の合計額が100万円を超えてはならない、という仕組みのことです。

 

年収の3分の1を超える融資が受けられないなど、さまざまな問題が議論されています。

 

 

■年収の3分の1を上回る融資のために

 

年収の制限によって、希望する金額の融資を受けられない場合があります。

 

そのようなときは、消費者金融や信販会社ではなく、銀行カードローンを選ぶようにしてください。

 

総量規制は、消費者金融や信販会社といった貸金業者を規制するもので、銀行を規制するものではありません。

 

つまり、銀行カードローンなら、年収の3分の1を超える有志が認められる可能性があるということです。

 

実際、専業主婦などの本人に収入のない方の利用も認める、三菱東京UFJ銀行のバンクイックなどがあります。(主婦は30万円以内、学生は10万円以内)

 

バンクイックは、総量規制の影響も受けず、即日融資も不可能ではありませんので、学生や主婦にも人気があります。

目的・状況に合わせてチェック!【あなたは?】