キャッシングするとき、保証人は必要?

キャッシングするとき、保証人は必要?

借金というと、「保証人を誰かに頼まなければならない。」というイメージがあります。

 

簡単には、保証人は、本人が返済できなくなったときに「代わりに返済してくれる人」のことですが、法律上の責任については、なかなか理解しにくいものです。

 

ここでは、キャッシングの保証人がどういうものかについて説明したいと思います。

 

 

■キャッシングの保証人について

 

「絶対に保証人にはなってはいけない」と言われて育った方もいると思いますが、キャッシングにおける保証人は「連帯保証人」であることがほとんどです。

 

保証人には、連帯保証人のほかにも、身元保証人や(ただの)保証人というものもあります。

 

しかし、金融機関からお金を借りるときに必要になる保証人は、ほぼ100%「連帯保証人」になります。

 

そのため、金融機関からの融資を受けるにあたり、連帯保証人の責任について理解しておく必要があります。

 

 

■保証人の責任について

 

連帯保証人は、金融機関から返済を求められたら、返済に応じる義務があるのはもちろん、

 

 「まず先に借りた本人に請求して!」
 「借りた本人には、財産があるから、それを強制執行してよ!」

 

という権利すらありません。

 

自己破産をする4人に1人が「誰かの連帯保証人」になっていた、というデータもありますので、保証人になるときは、よく考える必要があります。

 

 

■保証人を用意することなく借りるには?

 

ここで「連帯保証人を頼める人なんていないよ。。。」という方もいるかもしれませんが、大手の消費者金融や銀行カードローンのほとんどは、連帯保証人を用意することなく申し込めます。

 

プロミスやアコム、モビットのような消費者金融はもちろん、バンクイックやイオン銀行カードローンといった銀行カードローンの申込みに「連帯保証人」が必要になることはありません。

 

ただし、申込みにあたり、本人確認のための「運転免許証」または「健康保険証」などが必要になります。

 

キャッシング会社の説明を確認し、必要な書類を用意するようにしてください。

目的・状況に合わせてチェック!【あなたは?】