キャッシングするときに必要なもの

キャッシングするときに必要なもの

急いで融資を受けたいときは、申込みに必要な書類などを確認し、できるだけ早く用意しなければなりません。

 

キャッシングの申込みに必要になるのは、本人確認書類ですが、収入を証明する書類が必要だったり、銀行届け出印などが必要になる場合もあります。

 

ここでは、キャッシングの申込みに必要になるものについて説明したいと思います。

 

 

■本人確認書類は必ず用意!

 

キャッシングの申込みにあたり、必ず用意しなければならないのは「本人確認書類」です。

 

本人確認書類は、身分証明書ともいわれるものですが、運転免許証や健康保険証、パスポートなどのことをいいます。

 

基本的には運転免許証を使用し、免許証の交付を受けていない方が健康保険証やパスポートを本人確認書類として使います。

 

また、外国籍の方がキャッシングの申込みをする場合は、在留カードや特別永住者証明書、外国人登録証明書、外国人登録原票記載事項証明書などが使用できます。

 

 

■収入証明が必要になる場合を確認!

 

収入を証明するための「収入証明書類」が必要になる場合があります。

 

消費者金融や信販会社のキャッシングの場合は、「50万円超の融資を希望する場合」あるいは、「他社の借入れ額を含め、100万円超の借入残高となる場合」に収入証明書類が必要になります。

 

収入証明書類は、給与明細書や源泉徴収票、確定申告書の写しなどです。

 

銀行カードローンの場合は、銀行ごとに独自の基準がありますので、公式サイトで確認するようにしてください。

 

 

■銀行届け出印が必要になる場合も!

 

また、キャッシングの申込みと同時に銀行口座を開設する必要があったり、インターネットバンキングの申込みが必要なときに「銀行届け出印」などが必要になる場合があります。

 

インターネットバンキングの申込みをしない場合でも、振込みキャッシングをしてもらうときは、自分の銀行口座の口座番号を登録する必要があります。

 

提携ATMによるキャッシングでは必要ありませんが、振込みキャッシングをするときは準備するようにしてください。

目的・状況に合わせてチェック!【あなたは?】