キャッシング返済の計算

キャッシングの返済プランを考える方法とは?

返済のこともしっかりと考えた上でキャッシングしたい、という方が多くなりますが、何をどう考えてよいか分からない方もいるのではないでしょうか。

 

キャッシングの返済プランは、通常、

 

 ・返済可能な金額を確認する
 ・返済額から融資可能額を確認する
 ・キャッシングの返済期間を確認する

 

という3つの確認作業で決めていきます。

 

ここでは、キャッシングの返済プランを考える、具体的な方法について説明したいと思います。

 

 

■返済できる上限額を確認

 

まずキャッシングの返済プランを考える上で、最初にするべきことは、自分の収入と支出を確認し、毎月いくらまでなら返済できるかを確認することです。

 

毎月2万円までしか返済できないのに、それを上回る返済額の借入れをしてしまうと、生活費の一部を節約しないと、返済できなくなります。

 

そのような失敗をしないためにも、自分は毎月いくらなら返済できるか、を考えるようにしてください。

 

 

■返済可能な金額で借りられる上限額は?

 

返済可能な金額を確認できたら、その返済額で「いくらまで借りれるのか?」を確認するようにします。

 

毎月1万円の返済ができるなら「30万円」、2万円の返済ができるなら「60万円」というように、自分がキャッシングできる上限額を割り出すことができます。

 

この金額を自分で理解しておけば、無理な借入れをするようなこともなくなりますので、キャシングで失敗してしまいような心配はなくなるでしょう。

 

 

■返済期間も十分に考慮しよう!

 

返済プランを考えるときは、何年後にローンを返済し終わるのか、という点も確認する必要があります。

 

いつローンの返済が終わるのかが分からないと、「いつまでたってもローンが終わらない。。。」という気分になってしまいます。

 

返済プランをしっかりと考えれば、いつまでにローンが返済し終わるのかも理解できます。

 

返済計画全体をイメージした上で、消費者金融や銀行のカードローンに申し込むようにしましょう。

目的・状況に合わせてチェック!【あなたは?】