キャッシング返済の計算

コンビニでキャッシング返済する方法とは?

キャッシングを利用したことがない方にとっては、毎月の返済を「コンビニ」でできるという点に疑問があると思います。

 

コンビニのレジでお金を支払ったり、というイメージがあるかもしれませんが、一般には、

 

 コンビニのATMから入金

 

する方法になります。

 

キャッシング会社によって発行されたカードは、コンビニのATMで使えますので、銀行のキャッシュカードと同じように入金するだけです。

 

ここでは、キャッシングのコンビニ返済の特徴についてご紹介します。

 

 

■キャッシングの返済だと分からない?

 

キャッシングの返済は、キャッシング会社の専用ATMですることも可能です。

 

しかし、キャッシング会社のATMに入るところを見られてしまうと、

 

 「キャッシングの返済をしているんだ・・・」

 

ということが簡単に分かってしまいます。

 

しかし、キャッシングのコンビニ返済なら、銀行の振込手続きをしているのと変わりませんので、

 

 ローンの返済をしている

 

ということが分かりにくい返済方法になります。

 

 

■コンビニ返済における「手数料」について

 

コンビニのATMを利用する際は、利用手数料がかかるのが一般的です。

 

消費者金融のほとんどは、200円に消費税を加えた金額が手数料としてかかります。

 

これは、貸金業法によって決められていることですので、やむを得ない費用であるとも考えられます。

 

しかし、銀行カードローンの一部に、提携ATM手数料無料というサービスもありますので、

 

 ・三菱東京UFJ銀行 バンクイック
 ・レイクALSA

 

などを選ぶのも良いと思います。

 

 

■コンビニATMで現金の受け取りも!

 

コンビニのATMは、返済のためだけにあるわけではありません。

 

融資を受けるとき、つまり、現金を受け取るときも、コンビニATMが使えます。

 

キャッシングに申し込んでから約1時間後には、コンビニATMで現金を受け取れますので、急いでいる方は、早めに申し込むと良いでしょう。

 

バンクイックやレイクなら、運転免許証と収入証明(契約額に応じて銀行が必要とする場合)等を準備すれば申し込むことができます。

ロッピーでキャッシング返済する方法とは?

大手の消費者金融や銀行カードローンのカードは、コンビニのATMと提携しています。

 

コンビニのATMと提携することで、借入返済のときにコンビニATMが利用できるようになります。さらに、キャッシング会社によっては、ローソンに設置されている「ロッピー」での返済も可能になっています。

 

ここでは、ローソンのロッピーを使ったキャッシングの返済方法について、説明したいと思います。

ロッピーが使えるキャッシング会社は?

《ローソンのロッピーを利用できるキャッシング会社》

モビット
 詳細ページへ

 

プロミス(SMBCコンシューマーファイナンス)
 詳細ページへ

 

アイフル
 詳細ページへ

 

ローソンのロッピーでの支払いは、消費者金融以外のクレジットカードなども利用できますので、ローソンの店員さんに「キャッシングしているな。。。」と気づかれる心配はありません。ロッピーの簡単な画面操作によって申込み券を発行し、レジで会計を済ませれば、キャッシングの返済が完了します。


ローソンのロッピーで返済するメリットとは?

 

ローソンのロッピーにて返済するメリットは、消費者金融からの融資でも、自宅への郵送物をなしにできることです。

 

消費者金融への返済に明細書が発行できない提携ATMを利用すると、後日、自宅に明細書が郵送されます。これを避けるには、ローソンのロッピーのような、明細書が受け取れる支払い方法を選ぶ必要があります。

 

消費者金融の利用には、貸金業法の規制が多くありますので、よく理解した上で利用するようにしましょう。

ロッピーで返済するときの注意点

 

ローソンのロッピーでキャッシング返済するときの注意点
・ロッピーで返済できる金額が30万円まで
・申込み券が発行されてから、30分以内に会計を済ませる必要がある
・キャッシング会社のカードを用意する必要がある

 

とくに、提携ATMではないからといって、カードを持参しなかったり、忘れたりするトラブルがありますので、十分注意するようにしてください。

目的・状況に合わせてチェック!【あなたは?】