お金の返済

キャッシングの返済期限は守れないとどうなる?

キャッシングでお金を借りたいと思っていても、毎月の返済期限が守れなかったときの不安を感じることがあります。

 

返済期限を守らなかったら自宅や職場に怖い人が来るのか、執拗な厳しい取り立てに合うのではないか、と感じてしまう人もいるようです。

 

ここでは、キャッシングの返済期限が守れなかったらどうなるのか、という点についてご紹介します。

 

 

■キャッシングの遅延損害金とは?

 

キャッシングの返済期限が守られないときの一番の問題点は、「遅延損害金」が発生することです。

 

携帯電話やインターネット回線の支払いなどで遅れるときも「遅延損害金」が発生しますが、これは、通常のキャッシング金利よりも高い金利が発生するものです。

 

通常のキャッシングの金利は、15%〜18%程度ですが、返済期限が過ぎてからは「20%近く」の高めの金利が発生します。

 

金額的には、わずかな違いかもしれませんが、少しでもお得にキャッシングしたいなら、返済期限は守る必要があることになります。

 

 

■キャッシング会社から携帯に電話がかかったら?

 

返済期限が守れなかったときは、キャッシング会社からの携帯電話に連絡が来ることがあります。

 

もしキャッシング会社から電話があったら、必ずその電話には出るようにしてください。

 

返済期限を守らず、連絡も取れない状態になってしまうと、自宅や職場宛に郵送物が届く可能性があるからです。

 

キャッシング会社に「○○日までに支払います」ということを伝えだけで済みますので、心配せずに電話に出るようにしましょう。

 

 

■返済期限が守れないと感じたときは?

 

キャッシングの利用中に「ちょっと今月は厳しいかな。。。」というときが、1度や2度はあるものです。

 

そのようなときは、返済期限が来る前に、事前にキャッシング会社に相談し、返済日を調整してもらうようにするのがベストです。

 

返済期限が過ぎてから連絡するのではなく、事前に連絡しておくことで、自分の信用も失わずに済むのではないかと考えられます。

目的・状況に合わせてチェック!【あなたは?】