お金の返済

キャッシングの返済時効と注意点について

キャッシングの申込が初めてなら、返済ができなくなったときのことや、遅れたときのことが心配なると思います。

 

また、返済ができなくなってしまったときの「返済時効」についても、さまざまな情報で混乱してしまうと思います。

 

ここでは、キャッシングの返済時効の基本的な情報について、説明したいと思います。

 

 

■キャッシングの返済時効とは?

 

キャッシングの時効は、最後の返済から一定の期間が経過したときに、借金の返済義務がなくなるという制度のことをいいます。

 

具体的には、キャッシングの最後の返済日から5年経過すると、それ以降は、借金を返済しなくても良い状態になります。

 

ただし、借金を時効で消滅させるには、「時効の援用」という手続きを取らなければなりません。

 

 

■キャッシングの時効の援用とは?

 

キャッシングの時効の援用とは、キャッシングの利用者がローン会社に対して、

 

 「時効で返済義務がなくなったので、これ以上の支払いをするつもりはありません。」

 

という意思表示をすることをいいます。

 

つまり、最後の返済から5年が経過し、ローン会社に対して「もう返済はしません。」という意思表示をしたときに、初めて借金が綺麗になくなることになります。

 

 

■キャッシングの返済時効の注意点について

 

時効によって返済義務がなくなれば、ローンの返済はしなくて済みますが、時効には、「中断事由」というものがありますので注意が必要です。

 

時効の中断とは、時効の進行を一時的に止めるもので、

 

 ・請求
 ・差し押さえ(仮差し押さえ等)
 ・承認

 

3つの方法があります。

 

最も注意しなければならないのは、3つ目の「承認」です。

 

お金を借りている人が1円でも返済をしてしまったり、返済義務があることを認めてしまうと、そこで、時効の進行が中断してしまいます。

 

時効によって返済義務をなくそうとするなら、最後の返済から5年経過してからは、1円の支払いもしてはならないことが大変重要なポイントになります。

目的・状況に合わせてチェック!【あなたは?】