お金の返済のトラブル

借金返済催促の流れ

これからキャッシングでお金を借りようとしている方の中には、

 

 万一、支払いが滞ってしまったとき

 

の借金返済督促の流れについて不安を感じているかもしれません。

 

最悪の事態を理解しておけば、無理な借入れもせずに済みますし、万一のときでも対応可能になります。

 

ここでは、キャッシングの返済が滞ってからの借金返済督促の流れについてご紹介します。

 

 

■まずは電話連絡

 

キャッシングの支払い期日を過ぎても入金がされない会については、キャッシング会社から個別に電話連絡があります。

 

このときの電話連絡の目的は、入金予定日を確認するためのものですので、入金の予定日を伝え、その通りに返済すれば、問題は大きくなることはありません。

 

ただし、キャッシング会社からの電話に出なかったり、約束どおりの入金ができないでいると、次の借金返済催促に進んでしまうことがあります。

 

 

■キャッシング会社から自宅に郵送物が届くことも!

 

キャッシング会社からの電話連絡がつながらない、あるいは、約束どおりの入金がなされなかったときは、キャッシング会社から自宅宛に請求書が送られることがあります。

 

家族に内緒にしてキャッシングしていた方は、この段階で内緒にしておくことが難しくなります。

 

自宅宛の請求書には、返済期日と入金額が記されていますので、その通りに入金をすれば、それ以降は自宅への郵送物が止まります。

 

本来であれば、自宅への郵送物が届く前に、何らかの解決策を講じておく必要があったことになります。

 

 

■借金返済督促を受けないために!

 

借金返済督促を受けてしまうと、家族に内緒にすることが難しくなり、キャッシング会社からの信用も失ってしまいます。

 

そのような失敗をしないようにするため、キャッシング会社に用意されている「返済シミュレーション」を活用するようにしてください。

 

自分が毎月いくらなら返済できるのかを考え、その返済額で借りられる限度の範囲内で利用するようにしましょう。

目的・状況に合わせてチェック!【あなたは?】