お金の返済のトラブル

キャッシングの返済ができない場合どうなるの?

キャッシングの申込みが初めてなら、「返済できなくなったとき」にどうなるかが心配だと思います。

 

病気や怪我で仕事ができず、毎月の返済ができなくなってしまったときには、

 

 1.キャッシング会社に相談する
 2.貸金業協会などに相談する
 3.法テラスなどに相談する

 

などの方法で問題が解決します。

 

ここでは、新聞の返済ができなくなってしまったときの、3つの対応策について説明したいと思います。

 

 

■まずはキャッシング会社に相談

 

毎月の返済が遅れそうなときや、怪我や病気で仕事ができなくなってしまったときは、できるだけ早めにキャッシング会社に相談するようにしてください。

 

怪我や病気といったトラブルは、珍しいトラブルではありませんので、キャッシング会社によっては、とても柔軟な対応が取られています。

 

フリーダイヤルでかけることができる番号が用意されていますので、それを利用してオペレーターに相談するようにしましょう。

 

なお、フリーダイヤルでの相談は、24時間体制でない場合もありますので、事前に受付時間を確認しておくと安心です。

 

 

■貸金業協会などに相談する

 

消費者金融や銀行との紛争を解決する手段として、「日本貸金業協会」などがあります。

 

キャッシング会社とトラブルが生じてしまったり、病気や怪我で返済できなくなってしまったときに相談できる機関です。

 

消費者金融と銀行とでは紛争解決機関が異なりますので、キャッシング会社のホームページにアクセスし、どの紛争解決機関が利用されているのかを確認するようにしましょう。

 

 

■法テラスなどに相談する

 

また、どうしてもキャッシングの返済が継続できなくなってしまったときは、国の機関である「法テラス」に相談することもできます。

 

法テラスがあっせんする法律の専門家に仲裁してもらったり、問題解決のためのアドバイスを受けることも可能です。

 

キャッシングの返済ができないからといって、自分が追い詰められてしまうわけではありませんので、極端に心配する必要はないと言えるでしょう。

目的・状況に合わせてチェック!【あなたは?】