お金の返済のトラブル

キャッシング返済途中に死んだ場合、誰に返済義務があるの?

キャッシングのローンを組むのが初めての方なら、ローンが返せなくなったときが心配かもしれません。

 

ローンの返済の途中で自分が死んでしまったら、親や子供に返済義務が生じてしまうのか、と考えるようです。

 

しかし、自分がローンの返済中に死んだとしても、直ちに身内に請求が行くわけではありません。

 

ここでは、ローンの返済途中で死んだときに、誰に返済義務があるのか、という点について説明したいと思います。

 

 

■キャッシングの返済義務は相続人に!

 

キャッシングの返済途中で死んでしまった場合、ローンの返済義務は、自分の相続人に発生します。

 

自分に子供がいる場合は子供に、結婚をしていない方は、親や兄弟が相続人になります。

 

ただし、相続人だからといって必ず責任を負わなければいけないのではなく、

 

 相続を承認

 

したときに、初めて義務が生じるものです。

 

つまり、自分に借金以上の財産がなければ、相続を放棄することで、相続人はキャッシングの返済義務を負わなくて済むようになります。

 

 

■財産と借金が分からないとき

 

相続人が亡くなった人の財産について、

 

 プラスになるのかマイナスになるのか分からない

 

ということがあります。

 

そのようなときは、亡くなった人の財産がプラスになるなら相続する、という「限定承認」を選ぶことになります。

 

限定承認は、相続人全員の同意が必要になりますが、裁判所の手続きをすることで、条件の良い場合だけ財産などを引き継ぐ方法になります。

 

 

■キャッシングの返済が滞ったら?

 

ここまでの説明で分かると思いますが、キャッシングの途中で返済が滞ったとしても、親や兄弟、子供などに請求が行くことはありません。

 

あくまでも申し込んだ本人との契約ですので、親兄弟だからといって返済義務が生じるものではありません。

 

返済できる範囲でキャッシングするのはもちろんですが、家族への影響を極端に心配する必要はないということです。

 

カードローンに申し込むときは、キャッシング会社の返済シミュレーションを使って、よく検討した上で申し込むようにしましょう。

目的・状況に合わせてチェック!【あなたは?】