お金の返済のトラブル

病気で借金返済できない場合の対処法

いつまでも健康でいたいと考えていても、何らかの病気にかかってしまうこともあります。

 

キャッシングを利用するときに「もし自分が病気になったら・・・」という不安がるかもしれません。

《病気で借金返済できない場合》
 ・カードローン会社に相談
 ・紛争解決機関に相談
 ・法律の専門家に相談
こうすることで対処できます。

病気で借金返済できないならカードローン会社に相談

病気で借金返済が継続できないときは、お金を貸してくれたカードローン会社に相談してみてください。

 

病気による返済困難となるトラブルは少なくありませんので、キャッシング会社によって柔軟な対応をしてもらえる可能性があります。

 

返済方法や条件を見直してもらったり、一定期間の支払い猶予を受けることもあります。

 

借金返済できないと悩んでいるのではなく、キャッシング会社に相談することで、解決に導いてもらえます。

 

紛争解決機関に相談

キャッシング会社への相談で問題が解決しないときは、

 

 ・日本貸金業協会
 ・全国銀行協会

 

などの紛争解決機関に相談できます。

 

土日・祭日の相談はできませんが、平日の日中にフリーダイヤルで相談することができます。

 

キャッシング会社への相談で解決しないときは、キャッシング会社が契約している、指定紛争解決機関を利用するようにしましょう。

 

法律の専門家に相談

また、キャッシング会社が指定する紛争解決機関だけでなく、法律の専門家に直接相談することも可能です。

 

法律の専門家への相談ということで、料金などが気になるかもしれませんが、お住まいの自治体の行政サービスによって無料で相談できるケースが多くなります。

 

さらに、市区町村による行政サービスがなかったとしても、借金問題については、弁護士会や司法書士会などで無料相談できます。

 

病気で借金返済できないとしても、相談できる機関は多くありますので、自分が追い詰められてしまう心配はありません。

 

いざというときの相談できる機関についても確認しておけば、安心してローンを組むことができそうです。

目的・状況に合わせてチェック!【あなたは?】