おまとめローンと勤続年数の関係

おまとめローンと勤続年数の関係

2社以上ある借金を1つにまとめるメリットには、

 

 ・金利負担を減らせる
 ・返済回数を減らせる
 ・毎月の返済額を減らせる

 

などがあります。

 

とくに3社以上の金融機関からの融資を受けている方は、毎月の返済回数の多さや返済額の多さに、負担の多さを感じているのではないでしょうか。

 

しかし、おまとめローンは、ある程度の高額融資になりますので、勤続年数なども重要になります。

 

 

■おまとめローンと勤続年数との関係について

 

たとえば、合計200万円のローンをおまとめする場合、通常は、返済期間を5年〜8年程度に設定します。

 

金融機関側の立場でみると、高額な融資をすることになりますし、返済期間も長くなりますので、

 

 継続して収入が得られるのか?

 

という点を重視します。

 

勤続年数が1年未満でおまとめするのは難しいかもしれませんが、1年以上ある方は、審査にチャレンジしてみる価値は大きいといえます。

 

 

■おまとめ前にできることは?

 

おまとめローンに申し込むからといって、今から自分の勤続年数を増やすことはできません。

 

今からできることがあるとすれば、

 

 自分の評価を下げないように注意すること

 

です。

 

一番してはならないことは、審査のときのウソですが、現在の借金額や借入件数はもちろん、勤続年数についても正直に申告する方が良いと思います。

 

 

■おまとめ審査に落ちてしまったら!

 

おまとめローンは、高額な融資の申込みになりますので、必ず希望が認められるというものではありません。

 

もし、おまとめローンの審査に落ちてしまったら、今ある消費者金融のローンを銀行カードローンで借り換えるだけでも負担は減らせます。

 

返済日を自分の都合のいい日に選ぶことができますので、他のローンの返済日に合わせることも可能です。

 

ローンの申し込み全般に言えることですが、自分ではどうにもできない「勤続年数」については、あまり気にしすぎないことです。

目的・状況に合わせてチェック!【あなたは?】