おまとめローンの女性利用

おまとめローンの女性利用

キャッシングは、利用の仕方1つで、とても便利なものになったり、返済に追われてしまうことになったりするものです。

 

最初は、ちょっとした生活費の不足を補うつもりが、いつの間にか複数社からの融資を受けてしまうこともないわけではありません。

 

しかし、複数社からの借り入れがある状態だと、毎月の返済額も多くなりますし、返済日の管理も大変です。

 

女性の場合は、とくに、「返済に追われている」という状態に抵抗を感じると思いますので、積極的におまとめを活用するべきだと考えられます。

 

 

■おまとめと性別の関係について

 

おまとめローンは、一般のカードローンと同様、男性、女性の区別なく利用できるものです。

 

しかし、おまとめローンのサービスの一部に、銀行の店頭窓口に行く必要がある場合があります。

 

「銀行の窓口に行くのは、どうも・・・」というなら、ネットだけで手続きが完了するサービスを選ぶようにしてください。

 

また、200万円〜300万円程度の少額のおまとめの場合なら、一般の銀行カードローンに乗り換えるだけでもいいかもしれません。

 

 

■消費者金融と銀行ローンの金利の違い

 

50万円以下の小口融資なら、若干の金利の違いは小さなものですが、100万円を超えるあたりから、金利負担が気になると思います。

 

たとえば、年18%の消費者金融と年12%の銀行ローンで比較した場合、100万円・30日あたりの利息は、

 

 ・年18%:1万4794円
 ・年12%:  9863円

 

となります。

 

毎月、5000円近くもの金利負担の違いがありますので、まじめに返していた場合でも、返済期間に大きな違いがでてきます。

 

 

■おまとめローンで生活に余裕を!

 

女性の場合は、一家の家計を預かっていることもありますので、少しでもお得なローンに乗り換えるメリットは大きくなります。

 

消費者金融のローンから銀行の安いローンに乗り換えるだけで、何十万円も返済額に違いが生じることもあります。

 

毎月の返済額も減らすことができ、生活に余裕を感じられるようになるはずです。

目的・状況に合わせてチェック!【あなたは?】