おまとめローンは学生も利用可能

おまとめローンは学生でも利用できるの?

 学生でもおまとめは可能 ☆・ 。*

【学生がおまとめできる方法とは?】

最近学生さんでも、気軽に利用出来るクレジットカードのリボ払いや、キャッシングでお金を借りる機会が増えてきてますよね。しかし「多社から借りすぎて困ってる・・・」なんてことはありませんか!?
そんな困ったときの手助けになるのが「おまとめローン」ですが、学生でも利用できるの??気になるところですよね

 

今から、学生がおまとめするための重要な情報をお伝えしていきますので早速チェックしてくださいね。↓

学生がおまとめローンを利用するときのポイント

おまとめローンは大きく分けると2つに分かれます。

 サービスとしての「おまとめローン」
 ローンの借入理由が「おまとめ」でもOK

 

1では、おまとめローンを商品サービスとして提供しています。広告などで「おまとめローン」と書いてあるのは1です。これは他社での合計借入額をまず貸して、返済する手続きを代行してくれるサービスです。このサービスは学生が対象外であることを覚えておいてください。

 

2は通常ローンで申込んで、借入するときの理由を「おまとめ」で借入するということです。2での利用なら学生でもおまとめ目的で審査・借入が可能なんです。
「2は面倒なんじゃないの?」って思うかもしれませんが、審査が通って借入後、その借入れ額で自分で返済したい会社に一括返済手続きをすればいいだけなので、結果的に1と同じということになります。

 

2でのデメリットと言えば借入額は審査次第なので、返済額すべての借入が出来ない場合もあるということです。しかし通常おまとめローンの審査は厳しく、学生不可という条件があるので、学生なら2の方法を利用するのが一番良い方法と言えるでしょう。

学生がおまとめローンを利用するとき気をつける3つのコト

今より安い金利で借りる

返済が一本化すれば、返済計画もわかりやすく手続きも便利になって良いのですが、以前借りていた金利より高い金額で返済することになってしまっては意味がありません。今いくらの金利で借りているのかを確認して、それより安い金利で借りられるところで借りましょう。
学生に人気があるクレジットカードのリボ払いは、金利は15%程です。キャッシングの会社では下限4.5%〜程の設定がされていますので、今金利が高すぎる場合はおまとめへの見直しを検討したほうがいいですね

 

返済期間はしっかり検討する

学生の皆さん。審査が通って以前より安い金利でまとめられて一安心!となってはいけません。返済期間を可能な範囲での短期支払をしっかり考えてくださいね。金利は減っても、支払い期間が以前より長くなれば総支払額は増えてしまいます。しっかりとした返済計画を立てましょう。

 

おまとめ後は安易にお金を借りない

おまとめを何のために利用したのかを忘れないようにしてください。返済をしやすくするためですよね。おまとめができたら計画的に返済することを考えて、一日でも早く悩みのない毎日を過ごせるように頑張りましょう!

 

 

 まとめ
「1. 安い金利で借りる 2. 返済期間は検討 3. おまとめ後は借りない」にすることで、おまとめローンのメリットを最大限に活かすことが可能です。

おわりに

学生でもおまとめ目的のローン借入が可能であるということがお分かりいただましたか?他社での借入をまとめることによって、計画がたてやすくなり返済を早めることが可能ですよ。学生はどんなことに気をつけたらいいのかを参考にして、おまとめローンを有効に利用してくださいね。

 

あなたにお勧めのキャッシング会社

学生でもおまとめ目的の借入ができるキャッシングはこちら!

次のページで詳しく解説しています☆

 

学生でも借りれるカードローン

 

おまとめローンというと、特別なものという印象を受けますが、少しでも有利なローンに乗り換えることは、特別珍しいことではありません。 住宅ローンを組んでいる方もいると思いますが、金利情勢の変化によって、ローンを組み直したり、借り換えをすることは常識のことです。 そのため、学生でもサラリーマンでも、少しでも条件のよいローンに乗り換えることは、ある意味、当然のことではないでしょうか。 ■おまとめローンで返済額を減らす! 学生の場合は、学校に通いながらアルバイトをしていると思いますので、いきなり収入をあげることは難しいと思います。 2社以上の借り入れとなっていて、その返済が大変になっているなら、まずは、毎月の返済額を無理のない金額に減らすことです。 その1つの方法として考えられるのが、おまとめローンになり、非常に多くの方が利用しているサービスになります。 おまとめローンは、債務整理や借金の減免とは異なり、一般に利用されているサービスですので、遠慮なく利用することがすすめられます。 ■おまとめローンで返済日を1回に! 複数のローンがあると、金融各社の返済日を管理するのが難しくなります。 とくに、毎月1回の返済日ではなく、35日ごとの返済をしている消費者金融を利用していると、毎月の資金計画を立てにくくなります。 しかし、おまとめローンで返済日を「毎月1回」にしてしまえば、収入や支出、ローンの返済額などが把握しやすくなります。 ■消費者金融から銀行ローンに変えるだけでもOK! 学生の場合は、各社の合計額も多くはないと思いますので、消費者金融から銀行カードローンに乗り換えるだけでも十分かもしれません。 たとえば、年18%の消費者金融から、年10%の銀行ローンに乗り換えた場合、残高の合計額が50万円でも、  毎月1500円もお得! になります。 少ない金額と思われるかも知れませんが、年間1万8千円の節約は、以外と大きいのではないでしょうか。

目的・状況に合わせてチェック!【あなたは?】