おまとめローンの基本

おまとめローンは総量規制対象外のほうがいいの?

ローンの申込みをするときは、総量規制についての理解は欠かせません。
総量規制は過剰貸付を防止するための仕組みのことで、原則として、年収の3分の1を超える融資ができないというものです。

 

ここでは、おまとめローンと総量規制の関係について、まとめてみたいと思います。

 

 

■総量規制対象外のローンとは?

 

総量規制対象外のカードローンがありますが、一般には、

 

 銀行カードローン

 

のことを指しています。

 

総量規制は、消費者金融やクレジット会社などを規制する「貸金業法」に定められている規則ですので、銀行とは関係のないものです。

 

そのため、総量規制対象外のカードローンを選ぶときは、銀行のローンサービスを選べば良いことになります。

 

 

■おまとめローンと総量規制の関係について

 

総量規制は、貸金業者による「過剰な貸付」を防止するために設けられた仕組みですので、利用者を守るための規則であると考えられます。

 

おまとめローンについては、利用者が不利となる契約ではありませんので、総量規制の「例外」として、消費者金融でも年収の3分の1以上の融資が認められています。

 

そのため、おまとめローンを検討するときは、

 

 総量規制の対象かどうか

 

を基準に選ぶのではなく、ローンの金利や返済方法などについて調べるようにしてください。

 

 

■収入証明書の提出ができないときは?

 

源泉徴収票や確定申告書の写しなど、収入証明書の提出が難しいときは、融資限度額が多い「銀行カードローン」に申込むこともできます。

 

一般的な銀行カードローンなら「100万円までは収入証明不要」であることがほとんどですし、オリックス銀行カードローンのように「300万円まで収入証明が原則不要」で申し込めるケースもあります。

 

銀行カードローンでも融資額が多くなればなるほど、金利が低くなりますので、おまとめローンと同じように低金利で乗り換えが可能です。

 

収入証明書を用意する時間がないときは、銀行カードローンも検討するようにしましょう。

目的・状況に合わせてチェック!【あなたは?】