おまとめローンの基本

おまとめローンは金利で選ぶと良い?

おまとめローンを選ぶときに金利を重視するのは当然ですが、必ずしも金利が低ければいいというものではありません。

 

金利が低めに設定されていれば、その分だけ負担が軽くなるのはもちろんですが、それ以外の部分についても検討する必要があります。

 

ここでは、上手なおまとめローンの選び方について、説明したいと思います。

 

 

■おまとめローンの唯一の問題点とは

 

おまとめローンに大きなデメリットはありませんが、唯一の問題点があるとすれば、

 

 借りたお金の使い道が限定される

 

という点です。

 

たとえば、A社、B社、C社の3つのローンをまとめるときは、ローンの使い道は、これらの3社への返済に限定されます。

 

さらに、おまとめローンでまとめた後は、新規の融資をしないケースもありますので、「必要なときにお金が借りられない」という状況が出てきます。

 

そのため、「おまとめローン」というサービスに申込むか、一般のカードローンでまとめて借りるかを選ばなければならないことになります。

 

 

■おまとめローンの金利について

 

おまとめローンのサービスを提供している金融機関には、

 

 ・消費者金融
 ・信販会社、クレジット会社
 ・銀行

 

などがあります。

 

消費者金融やクレジット会社などのおまとめローンは、比較的金利が高めに設定されていますが、銀行のおまとめローンの場合は

 

 13%〜15%

 

であることが多くなります。

 

銀行のローンに申込むことに抵抗を感じてしまう人もいるかもしれませんが、おまとめローンに申込むなら、銀行のローンを選んだ方がいいでしょう。

 

■「銀行カードローン」に申込むのも1つの方法!

 

おまとめローンに申込むときは、収入証明書の提出が必要になることが多くなります。

 

源泉徴収票や所得証明書の用意が難しいときは、貸出限度額が多めに設定されている銀行カードローンを選んでください。

 

オリックス銀行カードローンのように、300万円までなら収入証明が原則不要で申し込めるサービスも多くあります。

目的・状況に合わせてチェック!【あなたは?】