会社に知られずおまとめ

会社に知られずおまとめ

カードローンの申込みでは、通常は、勤務先への電話連絡による「在籍確認」が行われます。

 

また、おまとめローンについても、在籍確認が行われるのが一般的で、融資額が多くなる以上、避けて通ることはできないと思われます。

 

ここでは、おまとめローンの在籍確認によって、会社にバレてしまうのか、という点について説明したいと思います。

 

 

■おまとめローンをすることがバレるか?

 

勤務先への在籍確認で、カードローンで融資を受けていたこと、あるいは、おまとめすることが分かるか、という問題があります。

 

この問題については、通常のキャッシングと同じように、オペレーター個人名で連絡がありますので、知られる危険性を心配する必要はありません。

 

また、おまとめローンを申し込んだからといって、勤務先にローンの案内などが送られる心配もありません。

 

 

■おまとめしないことのリスクについて

 

毎月の返済が滞っていたり、やり繰りが大変になっている状態は、勤務先にバレる危険性が高いといえます。

 

勤務先に知られてしまう可能性があるのは、毎月の決められた支払いができなくなったときで、携帯電話で連絡が取れないようなときに、勤務先に連絡が入るからです。

 

そのため、月々の返済が厳しいと感じてきたら、迷うことなく、早めにローンのおまとめをするべきでしょう。

 

おまとめローンを利用すれば、毎月の返済額を減らすこともできますし、金利負担も減少させることができます。

 

 

■おまとめローンは、一方的に有利な契約

 

おまとめローンは、利用者にとって見ると、一方的に有利な契約です。

 

たとえば、現在の借金が、

 

 A社:60万円(年18%)
 B社:40万円(年17.8%)
 C社:30万円(年17%)

 

であると仮定します。

 

借金のおまとめをすると、消費者金融のおまとめでも年15%程度の金利負担に抑えることができますので、

 

 D社:130万円(年15%)

 

という状態になります。

 

毎月の返済額が減り、金利負担も減りますので、完済までのゴールが近くなります。

目的・状況に合わせてチェック!【あなたは?】