返済をまとめる

返済をまとめる

借金の返済をまとめることのメリットには、

 

 1.計画的な返済プランを立て直すことができる
 2.返済金額や回数を減らせる
 3.総量規制の例外規定になる

 

などがあります。

 

しかし、おまとめによる1本化は、返済だけすることになり、追加の融資は受けられませんので、メリット・デメリットを比較して、よく検討することが重要になります。

 

 

■おまとめで現実的な返済プランに!

 

2社以上のローンを組んでいる方は、月々の返済額や期日などの管理が複雑になっています。

 

そこで、登場するのがおまとめローンですが、月々の返済を1本化してしまい、無理のない返済プランに変更できるようになります。

 

つまり、複数回の返済を1回にまとめ、さらに、毎月の返済額を少なくすることで、計画的に返済していけるようになる、ということです。

 

 

■おまとめで返済金額・回数の減少!

 

複数社の金融機関をまとめることで、毎月の返済の金額や回数の軽減が可能になります。

 

これは、単純に金利が引き下げられることによる効果ですが、現在の残高が多いほど、大きなメリットが受けられます。

 

同じ返済期間でも、「毎月の返済額が3万円も減った!」という事例もありますので、自分の場合に当てはめて計算してみることをおすすめします。

 

たとえば、ローンの残高が300万円あり、年率18%で借りている場合と、10%でおまとめした場合とでは、

 

 1万9726円

 

も利息の負担が異なります。

 

ローン会社の返済シミュレーションを活用し、どれくらい負担が軽くなるのか、確認するようにしてください。

 

 

■おまとめは総量規制の例外!

 

ローンのおまとめは、総量規制の例外規定ですので、利用者の年収の1/3を上回る借入れができます。

 

銀行の場合は、総量規制が影響しないのはもちろんですが、消費者金融のおまとめでも、年収の1/3という制限はありません。

 

つまり、誰にとっても、どのような状況でも、契約すれば得をするのがおまとめローンということになります。

目的・状況に合わせてチェック!【あなたは?】