2社以上で借入している人が返済を減らす方法

2社以上で借入している人が返済を減らす方法

今より低い金利で借入できれば、

返済総額は減らせます。

 

複数社の借入を1つにまとめるメリットは、他にもあります。

 

確実に負担を軽減できるのは、毎月の返済管理です。

借りた会社の数だけ、返済日や支払い確認や通知メール…これは精神的にもしんどいですよね。1つにまとまるだけで結構な違いですよ。

 

そうではなく、
返済総額を減らしたい!もしくは、毎月の返済額を減らしたいとお考えであれば、しっかり検討するべきです。

返済総額を減らせるのは、今より低い金利で借入できれば…なので、《まとめた金額に適応される金利》と《カードローン選び》の確認をしましょう!

 

仮に今より低い金利で借入できた場合や、毎月の返済金額が減った場合でも、今より返済期間が長くなれば返済総額は変わってくるので、可能なときに繰上げ返済をするなど注意したいですね。

次のページで詳しくお伝えします!

チェックして検討!おまとめローン

 

年収1/3以上の借入なら総量規制対象外のキャッシング

2社以上で借入していると、返済日の管理が大変だったり、毎月の返済額が多ことに悩むものです。 とくに毎月の返済額が多いと、家計に影響を及ぼすこともありますので、深刻な問題です。 ここでは、2社以上の借り入れのある方が、どのようにして毎月の返済額を減らすのか、という点について説明したいと思います。 ■1社にまとめるメリットとは? まず、2社以上の借入がある方が、借金を1社にまとめるメリットには、  ・毎月の返済額が減らせる  ・金利を低くできる などがあります。 通常のキャッシングでは、残高定額リボルビング方式という返済方法で、返済時の借入残高によって、返済する金額が変動する仕組みになっています。 ここで、借入残高が少ないほど、残高に対する返済額の割合が高くなりますので、1社にまとめることで、返済額を減らせる可能性があります。 さらに、1社にまとめて100万円超の残高になるなら、消費者金融でも15%以下の金利に下がることがほとんどです。 ■総量規制は大丈夫か? 2社以上の借入をまとめる場合は、消費者金融よりも銀行カードローンの方がおすすめです。 消費者金融には、総量規制という制約があり、年収の3分の1までの融資、という規制がかかっているからです。 銀行ローンの場合は、総量規制対象外になりますので、独自の審査基準によって高額融資が認められることも多くなります。 ■おすすめの銀行カードローン 2社以上の借入をおまとめするなら、  ・オリックス銀行カードローン  ・みずほ銀行カードローン などがおすすめです。 さらに、オリックス銀行カードローンやみずほ銀行カードローンなら、最高800万円〜1000万円までの融資が可能です。 それぞれの銀行のサイトの説明を確認し、自分にあったおまとめ方法を見つけてください。

目的・状況に合わせてチェック!【あなたは?】