消費者金融のおまとめローン

消費者金融のおまとめローン

キャッシングをする場合は、少しでも金利の有利なサービスを選ぶのが基本ですが、2社以上の借り入れとなっているときは、消費者金融のおまとめなどを使うこともできます。

 

消費者金融のおまとめというと、

 

 ・総量規制はどうなるのか?
 ・金利はいくらか?
 ・銀行ローンの方がお得なのでは?

 

という心配もあるかもしれません。

 

ここでは、消費者金融のおまとめローンの特徴についてご紹介します。

 

 

■総量規制とおまとめの関係について

 

消費者金融というと、まず総量規制が気になると思います。

 

総量規制は、貸金業法による過剰貸付を防止するための規制の1つで、

 

 年収の3分の1を超える融資をしてはいけない

 

というものです。

 

このため、一見、消費者金融のおまとめに大きなメリットがないように感じますが、総量規制には、「例外規定」が定められています。

 

総量規制の例外規定の1つに「一方的に借り手に有利になる場合」があり、おまとめローンは、年収の3分の1を超えても大丈夫、ということになります。

 

 

■消費者金融おまとめローンの金利について

 

たとえば、消費者金融大手のプロミスの場合、一般のカードローンの金利は「年17.8%」となっていますが、おまとめに限っては、

 

 年15.0%

 

となります。

 

たとえば、消費者金融各社の融資残高が百万円あり、17.8%から15%のおまとめに乗り換えた場合、

 

 ・年17.8%:1万4630円/月
 ・年15.0%:1万2328円/月

 

と約2300円も利息の負担が減少します。

 

 

■返済日の管理も容易に!

 

2社以上の借り入れがある場合と、1社におまとめした場合とでは、毎月の返済管理に大きな違いが生じます。

 

毎月、何度も返済日がある状態では、うっかり返済日を忘れてしまうこともありますし、結果として、自分の信用も落としてしまいがちです。

 

しかし、毎月一度の返済にまとめてしまえば、このようなトラブルも少なくなりますし、毎月の返済額も少なくすることが可能となります。

目的・状況に合わせてチェック!【あなたは?】